sunny's blog

sunnyが読んだ本やマンガの覚書ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
どこかに「7泊8日」と書いた記憶がありますが、8泊9日でした。
入院としては短いほうなんでしょうが、やはり長かったです。
後半、元気の出てきた1歳児をなだめるのも大変っちゃ大変でしたが
やはり、酸素つけてぐったり眠り続けるアカゴの姿は見るのがつらかったです。

今回、貴重で2度としたくない勉強しました。
今後に生かしたいと思っています。

夫ゴハン←調理・盛り付け・撮影/夫
(鶏のグリル温野菜添え、コーンスープ)

 「クリスマスのご馳走食いそこなったでしょう」
 と言って作ってくれました。
 旨かったです。

はい、皆さんに羨ましがられるのですが、夫は料理できます。
しかもちゃんと旨いものを作ります。
いままでナイショ(?)にしていましたが、休日のゴハンは夫が作る場合のほうが多いです。
相当なマメ男くんです。食に関しては。

買い物からテーブルセッティングまでこなし、おもむろにデジカメを持ち出すので
「自分のブログに載せるん?」と聞いたら、「別に」との返事。

これは「sunny's blog」に載せてもよい、つぅか「むしろ載せて欲しい」という意思表示と見て無断で載せときます。

さて。右隅に写っている「ルィートボルド ヴァイツェン」というのはドイツビールだそうで、こんなクセのあるビールを美味いと思うとは、自分でも意外です。
ヨーロッパではビールは冷えていないと聞いたことがありますが、なるほどこの味なら、低めの室温くらいがおいしいでしょう。

「ドイツ人はいいなぁ。毎日こんなビール飲んでるのかなぁ。
 私なんて普段は『第3のビール』なのにさぁ」

違うって。



ちょっと話はさかのぼって調理中。

夫「コーンの缶ってないの?」
S「缶詰置き場にあるはずだけど?」
夫「なけりゃないでいいよ」
S「・・・あ。ちょっと待って」

プーさん車「アカゴ、そこどいて」

「え、なんでぇ? 久しぶりにブイブイ言わしてんのにぃ」

缶詰inプーさん車
・・・・・案の定。
(ひそかにホクナリンテープも入っているし)


ブロランバナー小ところでツナ缶とコーン缶がパチられたのは入院前? 退院後?
スポンサーサイト
このページのトップへ
容疑者逮捕
わかりにくいけれど、笑顔出てきてます。

点滴もとれて、ずいぶん身軽になりました。
昨日から靴はいてうろうろするようになり、枕頭台(テレビ台)の引き出しを開けては中身を取り出し「あい、ど~じょ」と差し出します。

そうなんです。喋るようになりました。
喋る元気が出てきた、とかそんなのではなく、入院前は「おいしょ(よいしょ)」の他はなにも話さないアカゴだったので、驚きました。

1週間、アカゴに密着してたのが良かったのかな?
ていうか、ひょっとして今までアカゴへの話しかけが不足していたのかも、と反省。

もともと手提げ系のものを見かけるとすぐ、腕にかけては手を振って「ばいば~い」と何処かへ出掛けて(?)行くのが好きな子です。
今日は元は点滴にかかっていた名札を手提げ代わりにしているので、逮捕された容疑者の写真の様です(未成年なので名前と素顔を伏せてみました)。

ところで点滴を抜いた後、丸いばんそうこうを貼ってもらった右手ですが、ひょっとしたはずみにアカゴが顔の前に手を持ってくると・・・

臭いです。

喰らえ! 臭い右手攻撃!
ぐわあぁあっ! やめてくれ!

・・・そうか、まるまる1週間洗わなかった手だもんね。

大丈夫とは思うけれどなんとなくまだ水を直接かけるのは躊躇われるので、濡れタオルで良く拭いてみたら臭いは大体取れたようです。

ブロランバナー小
↑どんな臭い? って、臭い靴下というかなんというか
このページのトップへ
なにを一体教えてくれているのやら
窓から見下ろす

冷えるだろうに、ず~っと座っています。
長時間起きて座っていられるくらい具合が良くなってきた模様。
100%には遠いけれど、確実に回復してきています。

今朝は小児科部長Dr.の回診で、明日点滴を外し、明後日退院予定と告げられました。

やった。
でも、Iさんところの入院経過を見ていて、日曜日頃には「うちは木曜日あたり退院かねぇ~」と話していたので、そりゃ嬉しいけれど驚きはなかったです。
元気が出てきてからの方が付き添いが大変なのも、Iさんの苦労を見ていて重々分かっているので、この出窓の存在は非常にありがたいです。

日曜日に院長回診があって、なんだか院長さん自身もこの出窓がお気に入りのようでした。
鍵だけもう少しきちんとしたものに換えないと、ちょっと怖いけどね。
小児科出身の院長先生だそうで、23日には看護師さんも連れずに一人で診察に来てくれたり、働き者で偉ぶらない良い先生、と言った印象。

初めて診てもらった時は院長だとは思いませんでしたよ。
だってなんだか若いし、それに「院長回診」って言ったら患者さんベッドの上に正座させられたり、すぐ胸はだけられるようにボタン外しておけ、とか、インターンやら看護師さんやら5~6人連れまわしてたり、ちらっと見るだけで診察なんかろくにしなかったり・・・というようなイメージばかりあったので。

ブロランバナー小
↑入院日記も先が見えてきた! まとめてUPを頑張るsunnyの応援クリックぷり~ず! このページのトップへ
同室のIさん、年齢は私の1コ下、患者であるお子さんもアカゴの同級生の1歳1ヶ月。
お子さんがアカゴと同様、肺炎になりかけて入院されたのですが、12月20日からの入院で、今日退院です。
正直、ものすごく寂しくなります。
もとからとても話しやすく、楽しいルームメイトだったのですが、アカゴの入院2日目に共通の友人がいることや、アカゴもお子さんも助産所生まれであることが判明してからは、もうお互い親近感が沸いちゃって長年の友達のように仲良くしていただきました。

アドレス交換して、快気祝い一緒にしようねって今から楽しみです。

病室カフェ←共有の冷蔵庫の上、薬剤用吸入器のわきで「病室カフェ」。
菓子パンよりも友達との会話がなにより美味しい。

フリースの袖はⅠさん。3人のお子さんの美人かあさん。
(私の周りの3人きょうだいのお母さんは美人ばかりです。
・・・あ。実母は除く(w)

短い間に続けて入院だったので、2回目の今回の入院は荷造りに悩まず楽でした(それでもうっかり忘れの荷物はいくつもあったけれど)。

入院便利グッズそんなことがないようにと願うけれど
もしもまた子供たちや自分が入院したら
ごく普通の入院荷物の他に、絶対持っていくもの

コーヒー粉、一人用使い捨てドリップフィルター、平たいざる。

インスタントコーヒーの方が手軽だけど、私の胃はなぜかインスタントコーヒーに弱いので、レギュラーコーヒーを飲むか、コーヒーを飲まないかしか選択肢はありません。
コーヒー粉もセットされたドリップパックでもいいけれど、普段飲んでる豆(と言ってもやっす~~~い豆)が飲めるのが使い捨てフィルターの魅力。

平たいざるは写真の通り、洗い物の水切りに重宝します。

お子さんの付き添いに限って言えば、寝袋も便利。

簡易寝台は貸してもらえるけれど、寝具は借りられないのが普通の様です。少なくとも前回も今回もそうでした(違う病院なのです)。

寝具とシャワーを借りられたら、付き添いも楽になるのだけど。
言ってもしょうがないか。ホテルじゃないんだし。

ブロランバナー小
↑独身時代に買って一度きり使った寝袋が今頃活用できたけれど嬉しくないsunnyに励ましのクリックぷりーず。 このページのトップへ
回復に手間取り、前日午前は今回2度目のレントゲンを撮られ大泣きしたアカゴですが、酸素濃度など急に安定してきました。今日は酸素吸入器もSpO2モニターも外れ、一安心のようです。
そうなると、この時期気になるのが年賀状でして、せっかく夫が休みの日曜日、思い切って今日もまた家に戻り、年賀状のデザインを決めて住所録のチェックをしてしまおうと思い立ちました。

ついでに家の洗濯もしたいし、あわよくば床くらいは拭いておく時間はないものか。・・・昨日シャワーしに帰った時、床がかなり気になったから・・・。
それにブログも放ったらかしだ。なんとかしなくちゃ、心配してくれている人もいるだろう・・・。

電車に揺られながら、家に帰ったらああして、こうして・・・とシミュレート。普段家事の効率などは全く気にしないのですが、今日は時間との戦い。
駅から家までの約1キロは小走り。歩道の脇には数日前降った雪がまだ残っています。ホワイトクリスマスと言うには汚れているけれど、今日はクリスマスだったよね。

さあ、着いた。家に入ってまずシャワー・・・・・え~~~っと・・・・。

え~~~~~~と???

「・・・・・管理人さぁ~ん、すいません、出先に鍵忘れちゃったんですけど、そちらで開けていただくと言うわけには・・・行きませんよね、やはり・・・・・

今来たばかりの道を走って戻ります。肩のバッグが重い。洗濯物がいっぱい詰め込んである。
今朝モレちゃったアカゴのウ××つきのパジャマも入っている。

あぁあ、もう~~~!!

加速装置!!

奥歯を噛み締めても空しい(年齢バレるってばさ)。

この小さきもの
ちっぽけな金属片がsunnyを走らせる

結局病室にとんぼ返りして再度帰宅し、ダッシュでシャワーに入り、アカゴのパジャマを手洗いしてから洗濯機を回し、パソコンを立ち上げて年賀状のデザインを決め、住所録に手を入れ、洗濯物を干したところで

カンカンカンカ~~ン! 時間切れ。

あのロスタイムがなければ、床拭きとブログのコメント返しくらいは充分できたろうに。

駅までの道を今度は全速力で走りとお・・・そうとして、途中でへばる。1キロ強、走り通せないこの体力。
電車に乗る頃には足がくがく。
明日はきっと筋肉痛。

・・・明日来るといいけど、もしも明後日来たらきっと立ち直れない。

ブロランバナー小
↑おおぼけか加齢現象か。それは筋肉痛が決める? このページのトップへ
この日、病院にもサンタがやって来て(小児科部長先生サンタ)、入院中の子供たちにプレゼントを配り、記念撮影をしてくださったそうです。
間の悪いことにsunnyは風呂に入りに家に戻っていたためにサンタを目撃しそこない、アカゴは昼寝中(入院以来ほぼ一日中眠っているのですが)だったために記念撮影を逃してしまいました。

コードの海
サンタのプレゼント↑「お風呂の友・アヒルの子」


病院のメリークリスマス←看護師詰所前のツリー。
 こそこそ撮った&携帯写真なのでピントがかなり甘いです。
 (「写真が下手糞なのはいつものことやん」とか言われると泣きます。
  人間図星が一番ツライのです)

短期入院の子も、長期入院の子も。
高校生も、生後2ヶ月の赤ちゃんも。

メリークリスマス。早く良くなってね。
来年こそは家族と自分の家で過ごせるといいね。

ブロランバナー小
↑景気付けにぽちっと行きましょう、ぽちっとな♪ このページのトップへ
病人が病人食を口にしようとしないので、当然ながら付添い人が代わりに食べることになります。
が、いくら運動量が減っているとしても、もともと大喰らいのsunny。幼児食だけで足りるわけもなく、毎日せっせと売店へ通って追加食料の買い出しに勤しんでおります。
売店の店員さんとも世間話を交わす間柄となりましたが、買っていくものは他愛のないものです。

明太子おにぎり
このたぐいの他愛なさ。

さて、買い出しに行った時にたまたま、空腹だったと思ってください。
そして、他愛のないモノを少々買い過ぎてしまったと思ってください。

で、これが・・・
梅干だったら、悩まなかったでしょう。

たらこマヨだったら、もちょっと悩んでいたかも。

結局食べてしまって、しかも当然なんともなかったのですが、消費期限を4時間ほど過ぎた明太子おにぎりでした。

こんなくだらないことで悩んでいるのなら、さぞかし我が子は回復したのだろうと思われるでしょうが、
酸素モニター←アカゴまだこの状態ですし・・・。
※)左足親指についているのがSpO2モニター。
※2)一緒に寝ているのはコドモが2年ほど前に円谷ジャングルの500円クジで当てたウルトラマンコスモス。
「アカゴになにかオモチャ選んで持って来てやって」とコドモに頼んだら、これとティガ&ガイアのコンビをChoice。

看護師さんたちのお子様方はウルトラマンファンが多かったらしく、評判良かったです、このトリオ。

ブロランバナー小
↑ウルトラファミリーも地球人ファミリーも、ウルトラの星を目指してクリック! このページのトップへ
サンソ
こんこんと眠り続けるアカゴ。

入院初日、何度かSpO2(酸素飽和度)を調べてもらい、どうにも値が低いので大きめのクッションを上半身に敷いて呼吸しやすくする方法など教えていただいたのですが、結局夜中に酸素吸入器(酸素マスク)をつけてもらいました。
相当嫌なようで、よっぽど深い眠りについているときでなければ着けてくれないので、この酸素マスク、どのくらい役に立ってくれていたのか・・・。

前回、点滴につながれているだけで元気一杯、退屈してうろちょろしていた入院と違い、今回かなりしんどそうです。ち~とも笑いません。声も出ません。

それでも遊びたいのが子供の本能、2回ほど起き上がってその辺のものを弄って遊びましたが、数分で自分からごろりと横になってしまう。

診察の度に看護師さんが「おとなしいのねぇ~」と褒めてくれるのですが、騙されて(?)います。

普段のアカゴは星一徹なのです。

もう6年以上も前のことなのですっかり忘れましたが、コドモはこれほど気性の激しい幼児だったでしょうか?

危ないものを取り上げようと近づいたら逆切れして、投げつけてきたりしたでしょうか?

気に入らないとその場に後頭部強打をも厭わず大の字にひっくり返り、全身で不満をアピールしたでしょうか?

上目遣いの三白眼で睨み付けて来たりしたでしょうか??

干支が半回りする年月を経た今、ただただ愛くるしいコドモの姿しか浮かびません(現在どれほどアホでクソ生意気になったかは置いておいて)。

ブロランバナー小
↑いずこの子供も『怒れる1歳児』である。<Y/N> このページのトップへ
れんこんづくしの夕食の翌日、アカゴ昼近くまで目覚めすらしませんでした。
穏やかにただよく眠っているようにも見えます、が。朝から37度5分あるし。
これってもしかしてぐったりしている状態なのでは?
かかりつけ医には前日「処方した薬が効かないようであれば明日また来て」と言われていました。

でも、ひょっとして大したことないかも知んないし・・・。
起きたらすかっと治ってて、ゴハンばくばく食べたりしてね~。(←希望的観測大の妄想)

迷っていたら夫に絶対に今日医者に連れて行くように厳命されたので、コドモの帰宅時間頃に予約を取ってかかりつけ医へGo。

点滴と名札
・・・で、3時間後のていたらく↑

夫、お手柄です。というか、自分の呑気さはかなりヤバい、と深く反省。

反省点は他にも多々あって、結局、今回2度目の入院に関して言えば、親であるsunnyの油断が全ての原因と言っても過言ではない。
なんと言うことだ、アカゴに対する愛情不足ではないのか? 病状を観察する目が曇っていたのではないのか? 子供の病気に関する基本的常識に欠如はなかったか? ・・・胸を噛む慙愧の念。

と、ともに。

退院したら、子供らの分も入院保険入っておこう。と固く心に誓うsunnyでありました。

ブロランバナー小←反省は重々しているものの、切り替えの早すぎるsunnyに喝!

だってねぇ、アカゴは乳児医療補助あるけど、コドモはないし、アカゴだって入院中の給食はタダじゃないのですよ。他にも色々物入りですしね。転ばぬ先の杖(今回遅かったけど)。それにこういうものにお金払っている間は子供って病気や怪我しないものだって言いますから・・・。 このページのトップへ
「れんこんのすりおろしが一番、卵に食感が似ている」

マクロビオティック関係だったか、ベジタリアンの方だったか、サイトに書いてらして、ずっと気になっていました。
試してみたくてうずうずしていたのだけど「野菜の宅配でれんこんがどうせ来るだろうから」と我慢していたら、待っている時には来ないものです(マーフィーの法則?・・・古いなぁ)。日曜日のお好み焼きにどうしても入れたかったのでもうそのへんで買っちゃうことにしました。

アカゴが熱を出していたので夫が一人で買い物に行ってくれるそうです。ありがたい(注:日曜日12/18の話です)

「レンコンは小さいのでいいからね。よろしく」

そしたら「小さいレンコンが3本」入っているパックを買ってきてくれました。
意思の疎通ってホント難しい。

でもそのおかげで、いろいろなレンコンレシピを試せて面白かったです。


レンコン入りハンバーグだとか。
れんこんハンバーグ
(ごく普通のハンバーグのつなぎの卵を
すりおろしレンコン100gに交換しただけのもの。
普通においしかった)


レンコンのきんぴらだとか。
れんこんキンピラ
(これはまぁ、定番ですよね)


レンコン入りクッキーだとか。
れんこんクッキー

・・・えぇと。なんだかすみません。「タマゴも牛乳もつかわずに/こんなにおいしいお菓子ができた!」という本を参照してクッキーを作ってみたのですが、冷蔵庫で2時間寝かせても、3時間寝かせても、生地が粉々なままだったので、思い余ってレンコンのすりおろしと牛乳少々を混ぜて焼いて見ました。
一応クッキーになりました。
さくさく感に欠け、口溶けは悪いけれど、覚悟していたよりずっとマトモな味。
どんなことしても作れるもんなんですね。うん。
今度ちゃんと分量を量ってれんこんクッキーレシピ完成させたいです。

ところで、なぜ上記の本のレシピでうまく行かなかったかについて考察。

1.アレルギー用マーガリンを使わず、バターで代用したから。
 (せめて普通のマーガリンを使えば良かったのかも)

2.砂糖を三温糖にしたから。
 (だって三温糖しかないしね。ヨーグルトについてくるグラニュー糖を溜め込んでたので代用すべきだったか)

3.しかもその砂糖の分量を勝手に減らしたから。
 (多分これが一番の原因。でもね、普通のレシピだといつもsunnyにもコドモにも、当然夫にも甘すぎるんですよ)

シンプルなお菓子(このクッキー「アレルギー用マーガリン」「砂糖」「ふるった小麦粉」だけ)のレシピこそ勝手に変えてはいけないと、肝に銘じた年の暮れ。

・・・てなわけで、悪いのはsunnyの性格であり、このレシピ本に罪はございません。

ブロランバナー小
↑おせち料理、あなたは酢バス派? お煮しめれんこん派? このページのトップへ
レンジ発酵パン

「村上祥子のふんわりパン」という、電子レンジで30秒発酵が売りの本を買って時々パンを焼いています。

いつもはプチパンをアレンジして「ハムスターパン」やらコドモと一緒に作るけど、今日は素直に食パンを。

ハムスターパン キャラクターパン
ハムスターパンやら、その他キャラクターパン。
恥ずかしいからクリック&拡大しないようにしてあります。あしからず。

いつもちょっとパウンドケーキ風の食感のパン(固くはないけれど、ややキメが粗く、ふかふかにはならない。そして結構甘い)になってしまうのは、なにが原因なのでしょうか。
もともとのレシピの砂糖が多いせいか、上白糖を使えと言われているのに三温糖を使うせいなのか、はたまた単に腕の問題なのか。

同じ本買って作っている人のは、すごくおいしそうなんだけどなぁ。

・・・まずくはないんだけど、ねぇ。


Xツリー←ついでに。11月から飾ろう、飾ろうと思いつつ、やっと昨日飾ったツリーとシェイクヒップサンタ(コドモ飾りつけ)。


ブロランバナー小
↑「ツリーの位置、なんか高すぎない?」と思うあなたも、カーテンレールとの位置関係を見ないフリしてくれたあなたも、クリックぷりーず。 
このページのトップへ
ちーははさんから調味料バトンなるものを回してもらいました。
こういうのって、いかにも「ブログ遊びしています」って感じで嬉しい。
時々「21世紀、大好き」と思います。・・・まあ、いろいろ困ったことも増えているけれど、ほんの数年前と比べても多分野でずいぶん便利になっているし、ましてや私の子供の頃と比べたら。

おっと話がそれました。では、さくっと答えて行くとします。


【Q1】
 次のメニューに
 どんな調味料をかけますか?
 薬味は含みません。

  目玉焼き

    → 塩またはソース
  納豆
    → 添付のたれとからし
  冷奴     
    → 醤油
  餃子     
    → 酢醤油(醤油と香酢)とラー油
  カレーライス 
    → なにもかけないか、辛すぎる時は生卵(調味料じゃないか)
  ナポリタン
    → (もう20年くらい食べてないけど、かけるなら)粉チーズとタバスコ
  ピザ     
    → タバスコかおまけ(?)でついてくるチリパウダー
  生キャベツ  
    → その時あるドレッシングかマヨネーズ
  トマト    
    → なにもかけないか、マヨネーズまたはその時あるドレッシング
  サラダ    
    → その時あるドレッシングかマヨネーズ
  カキフライ  
    → レモン汁かソース、またはソースとケチャップを混ぜたもの
  メンチカツ  
    → なにもかけないかソース、またはソースとケチャップを混ぜたもの
  コロッケ
    → なにもかけないかソース、またはソースとケチャップを混ぜたもの  
  天ぷら
    → 塩かてんつゆ
  とんかつ   
    → ソースまたはソースとケチャップを混ぜたもの
  ごはん(おかず無しの時)
    → あればふりかけ、または友達が作ってくれた梅味噌
      
【Q2】
 周囲に意外だと驚かれる、
 好きな組み合わせはありますか?


   コーヒーにレモン(10年以上前に教わって、以来数えるほどしか飲んでないけれど)
   ゆで卵にマヨネーズ(普通だと思っているのだけど、一度「気持ち悪い」と言われたことが)

【Q3】
 それが一般的なのだとは知っているが、
 苦手な組み合わせはありますか?


   卵焼きに砂糖(関東育ちですが、両親が関西人のせいか甘い卵焼きには抵抗があります)
  
【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?

   kururuさん
   うたこさん
   夫

   ・・・5名はムリです。
   お三方、まだ回って来ていなければこのバトン、受け取っていただけませんか?

食べられたらおいしければそれでいいや、とこだわりがないので「××にはコレ!」という答えが少なかったです。ドレッシングも「絶対コレ!」という品はないし。

※ソースと言うのはsunnyの場合「とんかつソース」です。成人する頃までウスターソースの存在を意識していませんでした。今でもそのままかけることはまずなくて、カレーやなにかに調味料として使うくらいです。

ブロランバナー小 ところで「ウスター」ってどういう意味なんでしょうね。
↑知っている人も知らない人もクリックプリーズ!
このページのトップへ
本当のことを言うと、sunnyにお好み焼きの焼き方を云々する資格はありません。そもそも関東育ちですし、うちではお好み焼きとたこ焼きは完全に夫のナワバリなので。
まぁ、生地を仕込んだり、キャベツを切るくらいならしますけれど。

それでも一つ断言できるのは、お好み焼きの生地は粉とダシを混ぜてから最低でも1時間、できれば2~3時間寝かせると段違いに旨くなるということです。
理由はわかりませんが食感ががらりと変わりますよ。


<お好み焼きの生地(5~6枚分)>

 薄力粉・・・・・・・・・・・・250g
 ベーキングパウダー・・・7.5~10g
 だし汁・・・・・・・・・・・・350cc

●ボウルに薄力粉とベーキングパウダーを入れて混ぜ合わせ(できれば合わせてふるう)、だし汁を少しずつ混ぜながら加える。

※sunnyがアレルギーなので使っていませんが、山芋のすりおろし100gを加えると、ふんわりおいしい生地になるそうです。

後は小さめのボウルにキャベツのみじん切りひとつかみ、上の生地をおたま一杯、卵1個、天かすを入れ、さらにイカ、タコ、エビ(桜海老)、紅しょうがなどお好きな具材を加え、具材に生地を絡めるつもりで全体を混ぜ合わせ、豚バラ、焼きそばなどまさに「お好み」のトッピングを乗せて焼いてできあがりです。


さて、今日は卵抜き&れんこん入りバージョンに挑戦してみました。
単に卵を抜いただけでもお好み焼きらしきものは焼けるのですが、れんこんを入れるのは初めてです。
お好み焼き←卵1個をれんこんのすりおろし50gと交換して焼いたもの。
卵入りより生地がまとまって、むしろ焼きやすいくらいでした。
味はややもっちりしていましたが、まぁおいしかったです。

しかし、昨朝より発熱(また風邪のようです。アカゴ、最近ツイていません)しているせいかアカゴ食欲がなく、この卵抜きお好み焼きはひと口くらいしか食べませんでした。
マズかったのかと思い、冷凍してあったミートソーススパゲティを出しても食べません。冷蔵庫に珍しく入っていた(夫が買ってきた)季節外れのイチゴも、すっぱいものは噛むだけ噛んで飲み込まずにべ~

喉が痛いのかもしれません。

それにしても、退院後は外出禁止令をくらっていたのに、どこで風邪を拾ってきたのやら。
まさか、一度だけママチャリ飛ばしてでかけた、あの日でしょうか?
寒かったからな~、あの日。しかも子乗せ前かごについているから、アカゴ風除け状態。やはり自転車用風防買うべきかなぁ。

ブロランバナー小
↑熱のせいかナチュラルハイになっている、けなげなアカゴに愛のクリック、プリ~ズ
このページのトップへ
ふかし芋

炊飯器でふかし芋を作ってみました。
両端を切り落とし、必要があれば釜に入る大きさに切った芋と、少量の水を炊飯器に入れて普通コースで炊くだけでふかし芋が作れる、というレシピで、確かにその通りカンタンにふかし芋はできたのです(写真はそうやってふかした芋をトースターで焼き色つけたもの)が・・・。
結局時間がかかるのです。そして同じ時間をかけるのだったらsunnyはオーブンかオーブントースターで焼いた芋の方が好きなのでした。

黄金色に輝く、ねっとりとしたあの色、ほくほくと縦に割れる瞬間にたちのぼる湯気。

しかし、焼き芋は確かにおいしいのですが、では大好きなのかと問われると一瞬返事につまります。
なんでって私は「焼き芋専用鍋」持っていませんし。
(あれを自前で買うかどうかで、焼き芋に対する愛情が量れるのではないかと・・・)

数千円から一万円近くかかる高価なものから、1000円弱で買えるお手頃価格のものまであるんですが、買ったが最後、食器棚のコヤシになりそうで買えません。

手の込んだお菓子を作るより焼き芋を焼いてやった方が数倍喜ぶコドモは、将来自前であの鍋買う人になるかも。
それより、10年後には5分でおいしい焼き芋が焼けるグッズが出ているといいなぁ。

ブロランバナー小
↑せっかく登録したのに最初にUPした時は。
 ♪忘れっぽいのは素敵なことです~そうじゃないですか~♪(中島みゆき)
 「そうだそうだ!」という方もそうでない方も応援のクリックよろしく。 
このページのトップへ
昨日今日と、2日連続ダンナ夕食いりません。で、またミートソーススパゲティにしたろ、と思いました。
それで、どうせ作るなら本格的というか、美味しそうなミートソースはないかと思ってレシピ検索してみたら、なんですか、ミートソースって素でにんじんが入るものなんですね。にんじん依存症のsunnyだけかと思ってました。なんでそんなふうに思い込んだのか自分でもわかりません。

スパゲティミートソース
<材料(4人分)>

スパゲティ・・・・・400g
玉ねぎ・・・・・・・小1個
にんじん・・・・・・1/3本
にんにく・・・・・・1片
合挽き肉・・・・・・200g
赤ワイン・・・・・・大2
塩コショウ・オリーブオイル・・・各適量
トマト缶・・・・・・1缶
トマトピューレ・・・150g
コンソメ・・・・・・1個
ローリエ・・・・・・1枚
①玉ねぎ、にんじん、にんにくはみじん切りにする。

②鍋にオリーブオイルをひいてにんにくを炒め、香りがたったらひき肉に塩コショウし、色が変わるまで炒める。

③②を皿などに取り、鍋でにんじんと玉ねぎをしんなりするまで炒める。

④ひき肉を戻し、赤ワイン、トマト缶、水200cc、コンソメ、トマトピューレ、ローリエを入れて煮込む。

⑤頃合を見てスパゲティを茹でる。

⑥④をケチャップ、塩コショウ、ウスターソース、醤油などお好みの調味料で味を整え、⑤のスパゲティにかけてできあがり。


※小麦粉を入れるレシピを見つけて真似しようと思ったのに、すかっと忘れていました。

※やはりスパゲティにからみにくかったです。このソースには平めんやペンネの方が向いているかも。



閑話休題。先日、コドモがまたも妙なことを言い出しました。

コドモ「おかあさ~ん、けいばじょうの『ば』って、場所の場? けい場場って書くの?」
sunny「? いきなりなに言ってんの? ちょっと見せてごらん・・・。
    ・・・あ~~ッ!? もう! ちょっと見てコレ! どうしてくれんのさ?!
夫「え、なに? オレ?!」
s 「コレ見てよ、コレ! あきらかにキミのせいでしょう、コレは・・・」
夫「・・・オレのせいじゃないでしょう、連れて行ったことなんてないんだし」
s 「この単語を知っているっていうこと自体が、キミの責任だって言ってるんです!」
夫「・・・違うよなぁ? お父さんのせいじゃないよなぁ?」

競馬場
↑クリックで拡大プリーズ


・・・たまにコマシな字を書いたと思えば・・・
(先生、学級通信に載せたりしないでくれてありがとうございました)

責任を認めない男のテンプレートがやけに可愛いブログはこちら。

ブロランバナー小
↑登録してみちゃったりしました。 このページのトップへ
本日、夫もコドモも外食だったので、アカゴは「白身魚入りかぼちゃリゾット」(なんちゃって。冷凍食材を器に入れて電子レンジ解凍しただけです)、sunnyは賞味期限が3日ほど過ぎた湯豆腐ですませてしまいました。イカリングフライは一昨日のおかずです。

卵抜きでパン粉揚げを作ってみました。アカゴ用に? いえ、単に卵切らしちゃってて。アカゴ、お腹が本調子でなかったので揚げ物は無理でした。それにイカも無理。

もともとコドモもごく一部のメニューを除いて卵が嫌いなもので、アカゴの卵アレルギーが判明して以来、我が家では卵を冷蔵庫に常備しなくなってしまいました。
しかし、一度何かにどうしても必要で卵を買うと、消費期限内に使い切るためにぎりぎりで卵かけゴハンやら、月見にゅうめんやら食べる羽目になるわけです。いや、私は生卵好きだからいいんですけど。
そして、めでたく食べ切ってほっとしていると、今日みたいな日に「あれれ?」ってなる・・・。

卵も冷凍保存できればいいのに。

さて、この卵抜きのパン粉揚げ、もともとインド人の友達が、一緒に出かけた時に持って来てくれた「大根コロッケ」の衣です。アカゴも食べられるようにって、卵抜きで作って来てくれました。優しいなぁ。
イカリングフライ<材料(2~3人分)>

するめいか・・・・・2ハイ
小麦粉・・・・・・・適量
パン粉・・・・・・・適量

①いかは胴を抜き、骨を取って中をきれいに洗う。

②胴を7~8mmの輪切りにする。

③小麦粉を水で溶き(たこ焼き生地ぐらいしゃばしゃば)、②にからめる。

④③にパン粉をまぶし、揚げる。


※特に問題なく卵抜きで揚がりました。卵をからめた方がきれいにふっくら揚がるかな? とは思いますが。

※今回いかげそは翌日別料理に使おうと思って揚げませんでした。かわりに手前にあるのは「はまちのフライ」です。刺身の食べ残しを冷凍してあったのを発掘しました。淡白なアジフライみたいでした。

※皮はむいたほうがいいのでしょうか、ちょっと油はねしました。この日2時間くらいかけてレンジ回りを掃除したばかりなのに。揚げ物の予定があったのだから、カーテンでも洗ってりゃ~良かったんです。ソフィ並みに計画性がありません。

イカブロッコリ
こちらは計画通りの翌日の一品。
いかげそとブロッコリの茎を醤油だしで煮て片栗粉でとろみをつけた小鉢物
(「和風・節約おかず」より)。

このページのトップへ
とり大根
じゃ~~ん! うたこさんのレシピで作ったとり大根です。
(ピントが奥に合っちゃいました。オクピンって言うの?)


お勧め通り圧力鍋で作ってみました。鶏も大根もとろとろです(圧力鍋で作る場合、煮汁は半分でもいいみたい)。
我が家流に砂糖は入れず、みりんも半量にしました。

「ぶり大根」はよく聞くけど、ちょっとクセがあってしつこくて、私は苦手なのです。こちらのほうがあっさりと、大根どっさり食べられます。
とにかく、おいしかった~!
うたこさんレシピの倍量作ったんだけど、あっという間になくなっちゃいました。

うたこさん、ごちそうさまでした。


さて、こちらはとり大根のおとも。
友人に勧められて、圧力鍋で玄米を炊いてみました。
白米に玄米を混ぜて炊いたことは何度もあるけれど、100%玄米はNHKのTV番組を観て乗せられ、炊飯器で1度炊いたきりです。
そのときは正直、大しておいしいと思えず、家族のウケも良くなかったのでそれきりになっていました。

玄米ゴハン
玄米ゴハン。プチプチッ


今回、浸水時間は30分しかとらなかったのですが、さすが圧力鍋、ちゃんと柔らかく炊けました。玄米特有のプチプチした食感がコドモの気に入り、白米よりこちらが好きだ、などと言います。

本当に変わったコドモです。



黒米ゴハン
赤飯じゃないのよ。


こちらもコドモのお気に入り、「黒米御飯」です。
黒米はもち米の一種の玄米ですので、やはりプチプチしていて、さらにもちもち感もあり、もち好きのコドモは黒米御飯を出すと喜びます。
黒というより、炊くとほんのり赤みかかって赤飯のようです。

白米に混ぜる割合はお好みですが、うちでは2合と3/4の白米に1/4の黒米を混ぜるのが普通です。
コドモが100%黒米御飯をリクエストするのですが、応えてやる気は毛頭ありません。 このページのトップへ
10年ほど前、翌日から夫の実家に泊まりに行くというので、冷蔵庫の牛乳とにんじんを処理してしまわなければならない、ということがありました。
そこで新妻だったsunnyは

①にんじんをすりおろし(お得意。しかも丸々一本)

②牛乳の中に①とコンソメ、ツナ缶を放り込み

③②をまんま火にかけて温め、塩コショウして「にんじんスープです」といって出した

前科があります。

今思えば優しさだったのでしょうか、夫は「わりにおいしい」とか言って食べ、その後も牛乳が余ったと言っては作り、にんじんがダブったと言っては出していましたが、文句を言われたことはありませんでした。これも一種の愛かもしれません。

ここ何年も作っていませんでしたが、昨日野菜の宅配でずいぶんと立派なにんじんが届いたので、甘酸っぱい記憶がよみがえり、「にんじんのスープ」を作ってみました。

ご安心ください、今日のは新妻バージョン♪BGM「神田川」(かぐや姫)or「積み木の部屋」(布施明)♪ではありませんので。

にんじんポタージュ
<材料(4人分)>

にんじん・・・・・大1本(300gくらい)
たまねぎ・・・・・小1個
さつまいも・・・・1/2本(100gくらい)
牛乳・・・・・・・200ml
コンソメ・・・・・1個
塩コショウ・・・・適量

①にんじんは輪切り、たまねぎは横方向に半月切りにする。

②さつまいもは皮をむき輪切りにして水にさらす。

③①と②の水を切って圧力鍋に入れ、ひたひたより少なめの水(400mlくらい)とコンソメを加えて約10分煮る(普通の鍋なら材料がひたるくらいの水で野菜が柔らかくなるまで)。

④③の粗熱を取り、ミキサーでなめらかにする(バーミキサーが便利。どちらもなければ頑張って裏ごししてください)。

⑤牛乳、塩コショウを加えて好みの濃さと味に整える。


※今回有機にんじんを使ったので皮をむかず、きれいに洗って使いました。舌触りなど問題なかった・・・と思います。

※牛乳を加える前にsunnyにしては珍しく、一度万能こし器に通してみましたが、まったく必要ない作業でした。どうしてもやりたい方のみこしてみてください^^

※さつまいもが余っていたのでさつまいもを使いました。さつまいも臭いようなこともなく、コドモもアカゴも喜んで食べました。 このページのトップへ
点滴全景
丸3日間、お世話になった点滴。
移動できるのですが、あまり出歩かないようにと言い使っていました。


キティ点滴
やさしかった看護師さんたち。
公立病院に対するイメージが変わりました。


点滴右手
左手の血管がよりいっそう細いので、採血も点滴もいつも右手。
無事退院した今もまだ右手が使えないような気がするらしく、左手をメインに使っています。
このまま左利きになるのかな?
sunnyは子供のころからレフティーに憧れがあるので、それでもいいかな、と。

病院食はおいしかったです。ほかほかで運ばれてくるし、味も良かった。果物までがアカゴにも食べやすく細かく刻まれていました。心配りがありがたく、嬉しく、それなのにアカゴはいつも一口も食べず、sunnyが全部食べていましたが。

味がどうこうではなく、もう病院にいる、というだけで食欲は皆無だったらしく、牛乳を除けば給食は4泊5日全部で2口くらいしか食べませんでした。
栄養士さん、調理師さん、ごめんなさい。でもsunnyがおいしくいただきましたので。
ごちそうさまでした。

結局風邪だったので「水分補給してじっとしていれば治る」ものだったのです。
ある程度大きくなれば通いで点滴すれば済む話なのが、チビゆえに入院することになってしまったわけです(血管が細くて針刺すのが大変、小さいうちは急変が怖い、など)。
それでも親も周りも心配しちゃいました。ああ、大した事なくて良かった。

心配してくださった皆さん、お世話になった方々、本当にどうもありがとうございました。

アカゴに替わり、御礼申し上げます。 このページのトップへ
sunny以外家族全員風邪っぴきです。

火曜日は家族4人そろってかかりつけ医院に行ってきました。
コドモ咳風邪、夫喉痛風邪と来てアカゴの番。
あぁっ! アカゴ診察中にリバースです。

「これは入院した方がいいかな。ベッド空いているか聞いてみますね」

ひええええ。アカゴが一番症状が重いとはわかっていたけれど、入院とは。
乳幼児医療なんとやらのおかげでお金の心配はないのだけど、その時sunnyの頭は入院の用意やつきそい、他の家族の生活をどうするか、など一瞬でシミュレートし、
朝からリバースしっぱなしのアカゴが生産した山のような洗濯物は手付かずで残りそうだ、という悲しい結論が出ました。

ところが巷ではアカゴ同様ウィルス性腸炎の子供たちがゴロゴロしており、ベッドは確保できず。アカゴは生まれて初めての点滴をいたって機嫌よく受け、この様子なら大丈夫でしょう、と昼をだいぶん過ぎてから母とふたりで空きっ腹かかえて帰宅(夫とコドモはとっくに帰宅。点滴って時間かかりますね)。その後は食欲もあり、このままだんだん良くなるだろうと思っていたところが水曜日は一日中「下から」でした。

しかも朝はわりと食べたのだけど、昼以降食欲ありません。

お腹のトラブル時の万能食「さつまいもとりんごの煮物」
一口も食べません。

口に合わなかったかと思い、今度はにゅうめんを作ってみました。

親子にゅうめん 材料はそうめん、大根、ニンジン、ほうれんそう。
 だし汁の素(めんつゆ)使用でカンタンにゅうめん。
 トッピングは子:解凍白身魚、親:生卵。


食べません。

夜は薬も飲まない始末。こりゃぁ、明日もう一度医者へゆかねば。
更新滞ったら入院したのだと思ってください。 このページのトップへ
「今晩ゴハンなんにしよっかねぇ・・・。大して材料もないし、凝ったモン作るのも面倒くさいし」
「じゃ、和食にしてや。和食。カンタンやろ?」
「・・・・・」

「和食」といったらなんかこう、手が混んでいて美しく、珍しい素材など使った、懐石系のお上品でお高い料理をsunnyは思い浮かべるのですが、コドモは違うらしいです。


粗食
焼き魚
納豆と切り干し大根の和え物
きんぴらごぼう
めかぶ
味噌汁
ご飯

↑コドモが思い浮かべる「和食」の典型(きんぴら以外は大好物)。


時間も手間もお金もかからない、我が家の定番(ちなみにコレは昨日の晩御飯)。

でもさぁ、こういうの、お母さんの思う「和食」と、ちょっと違うんだけどなぁ。「和食」っていうと、食い物の下に紙敷いてあったり葉っぱ敷いてあったり、原料がわかんなくなるまで料理してあるもんなんじゃないの?

うちの晩御飯みたいなのってさぁ、なんて言えばいいかな・・・
あぁ、粗食

粗食って、粗末な食事って意味だから、そう呼んでもいいんでない?

・・・でも最近では「粗食」の地位が向上してしまって、「粗食の定義」とかあるらしいです。でもうちのは定義付け出来るような大層な食事じゃなし。大体、写真撮ろうと思わなければ多分めかぶさえ出さなかっただろうし、ちなみに家族には内緒だけど、このめかぶ、賞味期限だいぶん過ぎてたものだし。

だったらこういうの、なんて呼んだらいいのかな。

・・・庶民食?
・・・戦前食?
・・・セピア色食?

名称募集中です。 このページのトップへ
もう2年も前に義母が高脂血症の予防用レシピとして新聞で紹介されていたレシピをFAXしてくれたものです。夫のために、と送ってくれたものでしたが、納豆フリークのコドモのツボに嵌り、あやつにとってはこのメニュー「ごちそう」らしいです。はい。

「あの、おつけものが入った納豆、また食べたい」
と言われた時は最初、なにがなんだか分かりませんでしたが。
切り干し大根のポリポリ感もお気に入りのようです。

切り干し大根と納豆の和え物
<材料(6人分)>

切り干し大根・・・・・40g
ニラ・・・・・・・・1/3束
ニンジン・・・・・・1/4本
納豆(50g入り)・・・3パック
練りからし・・・・・・・小1
だし汁・・・・・・・・大1+1/2
しょうゆ・・・・・・・大1+1/3

①切り干し大根は軽くもみ洗いして水に10~20分浸し、水気を絞ってざく切りにする。

②ニラは3センチ長さに切り、熱湯で茹でて冷水にとり、水気を絞る。

③ニンジンは3センチ長さの細切りにし、熱湯で茹でて冷水にとり、水気を絞る。

④ボウルに納豆とだし汁、しょうゆ、練りからしを入れて混ぜ合わせ、①②③を加えて軽く和える。

⑤器に盛って出来上がり。

【一口メモ】「納豆の代わりに枝豆や焼いた油揚げを使ってもおいしい。大豆の水煮を使う場合は、少し濃い目の味付けがお勧め」

※市販のめんつゆやだし汁の素を使うと簡単で早いです。材料の「だし汁としょうゆ」をめんつゆorだし汁の素大さじ3に代えるだけ。納豆についてくる「たれ」を使っても

※うちはお子様むけに練りからしを抜いて作ります。するとやや味が薄いのでお好みで塩やしょうゆなど足すとおいしいです。

※今回はニラがなかったのでほうれん草で代用しました。 このページのトップへ
なんとも気の毒なニュースを聞きました。
2~3日前からwebニュースで読んでいたのだけど、今日はTVでも報道していました。

キスで亡くなった15歳のカナダ人少女のことです。
(16歳の少年とキスした直後にショック症状を起こし死亡。原因はピーナッツアレルギー。少年がキスの直前にピーナツバターサンドを食していたため)

うちもアカゴがピーナツアレルギーなので、将来濃ゆいキスをするほど仲の良い人には、必ず食品アレルギーのことを教えておくように、しつけしとかなくちゃ。

自分が死んじゃうのももちろん嫌だし、相手の子はその若さでものすごい精神的ショックだよね。

結構本気で言ったのだけど、夫は「やっぱ国民性(?)だよなぁ」と、反応する所が違います。

「日本ではそうしょっちゅう食うもんじゃないもんな、ピーナツバターサンドってさ。北米大陸ならではの事故なんだろうなぁ」

でもさ、国民性といったら、日本にはもっと危ない食品があるじゃない。
ほら、北米のピーナツバターサンド並みに簡単でポピュラーな・・・。

卵かけご飯。

例えばアカゴは卵のアレルギーが一番強いわけで、年頃になってつきあった相手がキスの直前に卵かけご飯食べたとしたら、相当危ないよね。


・・・って、大真面目に言ってるのに、どうして黙っちゃうのかなぁ。確か数日振りのマトモな夫婦の会話だったのにさ(注:不仲なわけではない。お互い確固たる自分の世界に生きる人種なのです)。

このページのトップへ
昨日から我が家(sunnyとコドモ限定)で「ヒーコちゃん」が流行っています。

朝、コドモに朝食を与え、さて自分のコーヒーを淹れようと思い缶を開けると、からっぽ。
あいたたた、切らしているのを忘れていました。

一縷の望みをかけて冷凍庫をあさるsunny:
「ヒーコちゃん? どこにいるの!? 出ていらっしゃい!」

集中力のないコドモ、朝食から気をそらしてお得意の一言:
「なに? なになに? どうしたの?

s:「コーヒーきらしちゃってたよ。どうしよ。
 ・・・ヒーコちゃん?! いるなら出てきなさい、お母さん怒りますよ?!」

コ:「ぎゃはははは(なんだかやたらにウケている)!」

ウケたのが嬉しくてつい、朝っぱらからこのようなくっだらない遊びに長々と興じていたのですが、トリ頭のくせに執念深いというか、粘着質な部分のあるコドモは、学校から帰って来るなり

コ:「ヒーコちゃん、叱ってやった?」

s:「・・・え?(誰、それ?)」

コ:「スーパーで見つけて、『こんな所にいたの、ヒーコちゃん!』って叱ってやった?」

s:「・・・(ようやく思い出す)ああ、うん。叱ってやった。『お母さん探したのよ!』って」


そして今朝、またコーヒーを淹れていると

コ:「ヒーコちゃん、叱ったったんやなぁ?」

s:「・・・・・」

コドモさん、あなたしつっこいんですが。ああいったくっだらない冗談はラーメンであり、一度冷めてしまったら温め直したところで、とても食えたものではない、ということを覚えておいてくれませんか?

しかし、変なところで妙にしつこい所や、致命的に方向音痴なところはモロにsunny似のこのコドモ、残りの弱点、トリ頭なのも集中力がないのも、異常に忘れ物が多いところも、ずっと夫に似たのだと信じていたのですが、コーヒーを買い忘れていたり、昨日せっかく買い物行ったところが人参を買い忘れたり(シチューだったのに)、今朝コドモのフッソ塗布予約をスコ~~ンとすっぽかしていたりするsunnyのDNAも、そうとう濃ゆ~く受け継がれていたようだ、と、軽く反省した師走の一日でした。

ヒーコちゃん
お母さん心配したのよ、ヒーコちゃん。

このページのトップへ
「ザンギ」というのは「鶏のからあげ」の意味
北海道だけかと思っていたら、中国・四国地方でも使われる言葉らしいです
(これもひょっとして蝸牛考かと思ったのですが違ったようです。北海道への移住者が運んだ言葉かも知れません。上のサイトで「ザンギ」の発祥地とされている釧路市には「鳥取」と言う地名があります)。

盛り付け・撮影/コドモ
蛸ザンギ
<材料(4人分)>

タコ・・・・・・・・・・・400~500g

(A)醤油・・・・・・・・・・・大1
  酒・・・・・・・・・・・・大1
  りんごのすりおろし汁・・・小1 
  しょうがのすりおろし汁・・小1/2
  にんにくのすりおろし汁・・小1/2
  塩こしょう・・・・・・・・適量

小麦粉、片栗粉・・・・・・・各適量
揚げ油・・・・・・・・・・・・適量

①タコを一口大に切り、(A)を混ぜた中に10分ほど漬け込む。

②ビニール袋に小麦粉と片栗粉を合わせて入れ、その中に水気を軽くキッチンペーパーなどでふき取った①を入れる。

③袋を振り混ぜてタコに粉をまぶす。

180℃くらいの油で揚げる。


※いただきもののミズダコを使って作ってみましたが、やはりミズダコはうすづくりの刺身の方が良かったかな。おいしかったけれど、ちょっと噛み応えがあり過ぎました(コドモは前歯がぐらつき出したそうです)。

※うちでは鶏も同じタレで漬けてから揚げます。鶏の場合は30分くらい。 このページのトップへ
ん~~・・・どうにもおいしそうでないですねぇ~・・・。
色が不機嫌、つぶつぶが不吉・・・・・・。
青物散らせばなんとかなったのかな。

それでも私はこのスープ結構好きなんですが・・・。


豆腐ときのこのポタージュ
<材料(4人分)>

豆腐・・・・・・・・・2/3丁(200gくらい)
玉ねぎ・・・・・・・1/2個
シメジ・・・・・・・・1パック
マイタケ・・・・・・・1/2パック
オリーブオイル・・・大1
にんにく・・・・・・・・1片
固形ブイヨン・・・・・2個
水・・・・・・・・・・・・200ml
牛乳・・・・・・・・・・300ml
塩コショウ・・・・・・・少々
醤油、(あれば)バルサミコ酢・・・各適量
(あれば)あさつき、万能ネギ、青ネギなど青物・・・少々

①玉ねぎは輪切り方向に薄切りにする。
 シメジ、マイタケは石づきを取ってざくぎりにする。
 にんにくはみじん切りにする。

②鍋にオリーブオイルを熱して弱火にし、にんにくを炒める。

③香りが出たら玉ねぎ、シメジ、マイタケを加えて炒める。

④玉ねぎがしんなりしてきたら豆腐を手で崩しながら加え、固形ブイヨン、水を加えて強火にし、煮立ったら弱火にして5~6分煮る。

⑤④を火からおろし、あら熱が取れたらミキサーにかけ、なめらかにして鍋に戻す(くどいようですが、バーミキサーがあると便利)。

⑥⑤を中火にかけ、牛乳を加え、味をみながら塩コショウ、醤油、バルサミコ酢で味を整える。

⑦煮立つ寸前に火を止めて器によそい、あさつきの小口切りなど、青物を飾る(なくてもよい)。

E-レシピを元に気持ちカロリーを控えて作ってみました。 このページのトップへ

Information

sunny
  • Author: sunny
  • 夫、コドモ、アカゴ、sunnyの4人家族。

Search

Calendar

11月 « 2005年12月 » 01月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

ユニークカウンター

since 05/11/28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

【ぷかレイ戦闘中】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。