sunny's blog

sunnyが読んだ本やマンガの覚書ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ちょっと頭痛がする(十中八九、運動不足が原因)ので、それを口実に
「一日ゴロゴロしたろ」と決めた、よく晴れた日曜日の朝。
(本当は逆効果。sunnyの場合、こういうときはちょっと動いて血圧を上げてやった方が本当は回復が早いです)

・・・おや。あちらのほうからなにか悲鳴のような声が?

「あ゛~~~~! 電源飛んだ~~~~~!!」

悲鳴の後で、コドモに話しかける声が聞こえる。

「ねぇねぇ。お父さんと、いいところに行かない? 日本橋。」

待ってください。日本橋? ワタシも行きます、日本橋!

夫が巡るであろう、ジャンク屋やらバッタもん屋は、見てもわからないものしか並べていないから興味ないんだけど、日本橋っていうと、ちょっと行けばアレがあるんです。

アレ。ジュンク堂書店難波店

大きい本屋に行くなんて、すごく久しぶり。この機会、逃すのは惜しいし、第一コドモのシートン買わなきゃ、シートン。

もうおばあちゃんに図書カードもらっているのに、なかなか買いにいけなくて、1ヶ月待たしてるもんね。

ファーブルだって1、4、8巻が抜けてるし!

頭痛がなんじゃ。歩けば治る。


・・・で、わりとはりきってコドモとアカゴ連れて本屋に行ったら、頭痛はまあまあ治まったものの、疲労感が行く前の5倍(当社比)、腰痛は2割り増し(当社比)になりました。

日本橋に行った夫は人あたりまで起こしたそうです(普段田舎に住んでいるから)。

ああ、ワタシは本屋だけにしといてよかった、と思いつつ、荷物の整頓をしていたら・・・。

ファーブル5×2

・・・なんですか? コレ。
・・・あれほど確かめたのに、4巻と5巻を間違えた? ウソでしょう。


ブロランバナー小
↑やっぱり脳軟化始まってるのかな~。と凹むsunnyに励ましのクリックぷり~ず!
スポンサーサイト
このページのトップへ
頼みもしないのにやってきて、床をからぶきしていくんです。
何度お断りしても、黙って来て、黙って拭いている。

一種の押し売りかも。
消費者センターに連絡した方がいいのかしら。
でも、お金払えって言われたことないし・・・。

ちょっと困ったなぁ、と思っていたんですけど、よくよく考えたら害もないことだし。

いっそのこと、おまかせしちゃうことにしました。

業者の人、からぶきはお任せしますね。
どうぞよろしくお願いします。


業者の人・モップ
←外遊びでズボンを濡らし、
オムツ丸出しで勤務にいそしむ業者の人。


・・・「害がない」って書いたけれど、この業者の人、拭いて欲しいところはなかなか拭いてくれなかったり、雑巾外したまま床こすってたり、モップの柄でなぐりかかってきたりするので、結構有害かもしれません。


業者の人・掃除機
←頼まないのに「サービスよ」と笑って
掃除機かけまでしてくれようとする業者の人。
電源は入っていませんが真剣。



ブロランバナー小
↑アカゴねたが2日続いてしまった。親ばか街道まっしぐら? なsunnyに「ネタ切れ注意!」クリックぷり~ず! このページのトップへ
傘の2ショット
「ウチらだってそんなヒマやないしぃー」
「なぁー。そのへん、オトナってわかってへんと思う」


・・・そんな感じの話してそうに見えたので、つい。

普段、同じ年頃の子と遊ぶ機会がとても少ないアカゴなので、今日は嬉しそうでした(さよならする少し前まで、いつものように緊張して固まっていたけど)。

ママ友とお互い子連れで例のこんにゃく屋さんに行ったのです^^

やっぱりおいしかった。
また行こうっと。

今回のお土産はコレです。

梅しそ漬け梅のしそ巻き漬け。
上品な甘み、ほんのり塩味。
お茶請けにも、箸やすめによさそう。
んまんまんまぁ~~


黒米と、ポリ袋いっぱいの菜花(100円)もいただいてきました。
また浅漬けにしようかな。


晩御飯は、野菜の宅配の会社がくれたチラシに載っていた
「玉ねぎと豚ひき肉のとろとろスープ」
とろとろスープ

すりおろしじゃがいもでとろみをつけるところがミソらしい。

でも、まずくはなかったんだけど、パンチに欠けるというか。
もう一味欲しいなっていうスープになっちゃった。

塩コショウが足りないのか、スパイスなにか足せばいいのか、玉ねぎをあめ色にでもすればよかったのか。

レシピ作った人ごめんなさいね。けなすつもりじゃないの。
きっと私の作り方がどっかまずかったんだと思う。あなたのせいじゃないよ。


ブロランバナー小
↑ほんと、文句言うつもりはさらさらないの。オリジナル料理作れるなんて、雲の上の人に思えるんだから。
 だから、悪く思わないで、クリックぷり~ず! このページのトップへ
味噌おでん
だいこん、にんじん、こんにゃく、昆布
じゃがいも、ひろうす、ちくわに牛蒡巻き。
そいと、たまねぎにたけのこ。


今日もtaniかあさんに教わったおかずです。

赤味噌がなかったので、田舎味噌で作った味噌でしたが、これがおでんに合う!

これをかけたおでんをごはんと一緒に食うと、それがまた旨い!

んま!

今後、おでんを食べる時はからしじゃなく、甘味噌をつけることにします。
これ、決定!

おでんも味噌も、バラバラだとフツーの味なのに(しょせん私が作ったものだからね・・・)、一緒に食べると魔法のように旨いです。

taniさん、私どこまでも着いて行きます。

ごちそうさまでした~~~!


・・・イカめし、スープカリー、味噌おでん・・・。

そのほかいろいろtaniさんはじめ、ロシアの方々に教わって食べたものはみんな旨い。
・・・ってことは、興味はすっごくあるんだけど、家族ウケが悪いんじゃないか、と心配で作ったことのないアレも、きっとすごくおいしいはず。

・・・やっちゃいますか?!

甘納豆飯。



ブロランバナー小
↑ところでアレに使う甘納豆って、メーカーを選ばないのかすら。
 皆さん、教えて。と呟く他力本願なsunnyに赤飯作りのノウハウ伝授&作り方は知らないけど、ま、ガンバレよ、クリックぷり~ず! このページのトップへ
じゃこ豆腐

チビママさんが紹介していらっしゃったさゆちゃんのじゃこ豆腐を以前から食べたいなぁ、と思っていたので作ってみました。
青ねぎではなくて、白ねぎの青いとこのみじん切り。じゃこもしらすでなくてちりめんだったけれど、おいしかったです~^^

チビママさん、さゆちゃんさん、ごちそうさま

今日は珍しくアカゴが豆腐を食べた日(いつもは豆腐を見るのも嫌がる)。

でもこのネギじゃこ炒めは豆腐に乗せて与えると嫌がり、ゴハンと混ぜてやったらいたくお気にめした様子。
難しい子で、好みが全く把握できません。
ネギじゃこはまだ残っているので、明日おむすびにでもしてやろうと思います。

なんで残っているかというと、コドモとアカゴと3人で風呂入っていると夫が帰宅し、いつもの通り、自分でゴハンつけたり、みそしるあっためたりして、自分で食べていたんだけど(手ぇかからない人で助かります)、食べ終わった後パソコンの画面を見るなり、

「しまった~~!」

・・・何事ですか?

「あれ、豆腐に乗っけるもんだったんだ! コレみてわかった!」

・・・ああ、チビママさんの記事、開いたままにしてたから。

ごめんごめん。そうだよね、言わなきゃ分かるわけないよね、いつもそのまんまの冷奴食べさせてるしさ。
ひどいときはネギも切ってないもんね。
かつおぶしかけたかったら、自分で出してくれば? って態度だもんね。

・・・ていうか、豆腐のトッピングくらいなんで乗せとかなかったんだろう>自分

それと、若竹煮。たけのこがまだちょっと固かった。下処理ちゃんとしたつもりだったんだけど。
実家で母が作っていた若竹煮はおいしかったなぁ。今度作り方聞いておこうっと。

あと青梗菜とひいか炒めたの。さばいたらひいかがちょっぴりしかなかったから豚肉足したの。
なんでわざわざひいかなんか買ったんだろう。スルメイカだったら、同じ値段で余るほどお肉があっただろうにさ。

ひいか←ひいか。
確かに柔らかくておいしかったんだけど、
経済的にどうかと思いました。
素直に煮付けにすればよかったのかな。



ブロランバナー小
↑「たまには反省くらいしなきゃね~」と軽いノリのsunnyに
「もっと真剣に、もちょっと頻繁に反省しなさい!」のクリックぷり~ず!  このページのトップへ
寺村本2冊右 「おしゃべりなたまごやき」
(絵:長新太/福音館書店)

左 「こまったさんのオムレツ」
(絵:岡本颯子/あかね書房)


「おしゃべりなたまごやき」という絵本があって、sunnyは子供の頃この本が大好きで何度も読み返しました。
作者は寺村輝夫さんといって、「ぼくはおうさま」に始まる王様シリーズで有名な方です。(「おしゃべりなたまごやき」もその中のひとつ。)
またこの方は、お話の中で簡単なレシピや料理のコツが紹介されている「おはなし りょうり きょうしつ」というシリーズも書いています。

コドモはこちらのシリーズが大好き。特に一番最初に読んだ「こまったさんのオムレツ」は大のお気に入りで、
「こまったさんが作った納豆オムレツが食べたい」と言うので作り出して、もう3年は経つでしょうか。
塩で混ぜた納豆を、卵でくるんで焼くだけです。

納豆オムレツ
納豆オムレツ

ところで上のコレですが。
コドモ、最近「ぐちゃぐちゃたまご」(=スクランブルエッグ)作りにちょっと飽きてきたようで、
「今度は自分で納豆オムレツを作りたい!」と言い出しました。

週末2度ほど作り、3回目の今日、初めてきちんとした形のものが焼けました。
「写真撮って~! ブログに載して~!」と、せがむので載せておきます。

「(左手の)くすりゆび、フライパンにさわっちゃってヤケドしながらもがんばった、って書いておいてな。」と言うのでそれも書いておきます。

でもホント、sunnyが焼くのより上手に焼けたかも。


ブロランバナー小
↑「親バカ? やっぱ親バカ?!」とひれ伏すsunnyに
「まだ頭が高い!」クリックぷり~ず!
このページのトップへ
今夜はてんぷらだったので、あいにく写真を撮るヒマがありませんでした。

でも、料理する前のものなら一枚あります。

筍野菜の宅配で届きました。
立派な筍。
計量スプーンと並べてみたのですが、大きさイマイチぴんと来ません(やはり30cm竹製ものさしが一番ですね)。

穂先だけ刺身にしてやろうと思ったのですが、つまみ食いしてみたら、すごくえぐかったので生食は諦めました。
コドモが持ち帰る筍は刺身で食べられたのになぁ。
誰が掘ろうと掘り立てが一番ってことですね。

結局、薄くスライスして軽くゆがき、衣をつけて。

後の具材はワカサギ、こごみ、スティックケール(菜花みたいな野菜です)、れんこん、にんじん、大葉。

天つゆは、水:しょうゆ:みりんを4:1:1。
昆布入れて煮立ったらかつお節入れて一煮立ち。後は濾すだけ。


ところでうちの天ぷらの衣は、卵抜きです。

冷水100cc、焼酎100cc、ベーキングパウダー小1/2くらい、薄力粉1カップと少し、を混ぜて作ります。

焼酎入れるだけでホントにカリッと揚がります。一度試してみませんか^^?


ブロランバナー小
↑春のせいか、なんだかとても眠くって、日記書きをつい4日分も貯めてしまったsunnyに「起きろ~~~!!」のクリックぷり~ず! このページのトップへ
前日のお土産を中心に、

「昨日はどうもありがとうね~ お母さんだけ遊んで来て(しかも、帰りがとっても遅くって)ごめんね~! んでも、絶対また行くからよろしくね~

の気持ちを込めて、休日にしては珍しく気合入れたゴハンを自分で作りました(普段なら、休日のゴハンは夫が作ることが多いと言うのに)。

・・・気合といってもまあ、よく見れば「切るだけ、混ぜるだけ」のおかずばっかりですが。

おみやごはん桜ご飯 湯葉とかにかまの吸い物
水菜と油揚げのゴマちりめん
胡麻豆腐 きゅうりの明太和え
刺身(鮭 鮪 鰹 湯葉)



悲しいことにアカゴは胡麻豆腐を2口食べて、後欲しがりません。
おじいちゃんの精進落としの時、胡麻豆腐しか食べないくらい気に入ってたくせに~。

一方、コドモは土産の生湯葉を「おいしい、おいしい」と喜んでいます。

「すまん! コドモ。昨日の汲み上げ湯葉は、100倍も旨かったです!」(←sunnyココロの声)

大きくなったらいつか、自分か自分の配偶者が稼いだお金で会席食べに行けるようになるからさ。

アカゴはまたまた水菜を選り好みして「ばっかり食べ」していました。
どこがそんなに気に入ったのか分からないけれど、ちょっと嬉しいので調子に乗って、軽く作り方を載せときます。

<水菜と油揚げのゴマちりめん>
①水菜(小1株)は食べやすく切り、軽くゆがく。
②油揚げ(小1枚)はオーブントースターで両面をこんがり焼き、刻む。
③すり胡麻(大2)、ちりめんじゃこ(2つまみ)、めんつゆ、しょうゆ、酢(各大1)を混ぜた中に①、②を加えて和える。


ブロランバナー小
↑「小さな子供の好き嫌いに一喜一憂してはいけない。今日喜んで食べたものは明日、吐き出される運命にある」
 同感してくださる方もそうでない方も、クリックぷり~ず! このページのトップへ
今日の記事、はっきり言って単なる自慢です、というか、羨ましがらせ?

なんたって「楽しかった、おいしかった」しか感想書けませんから。
コドモの作文に「こんだけじゃつまらんよ」とかケチつけられません。

「それでもいいよ」という心の広い方、読んでくださると嬉しいです。


「子供たちをお父さん達に預け、母親連中だけで京都に会席を食べに行こう」という、ちょっと大胆(?)な計画だったためか、6名参加予定のところ、実際に来られたのは3名。

結局いつもの顔ぶれです。

電車の中からもうしゃべりっ放し。

新しい担任の先生(なんと、今年3人とも同じクラス!)の話、PTAや子ども会の話からスタートして、
若い男の子のタレントの話へ流れ、
果てはメッセだチャットだ、ゲームだ、と言った話題になり、〆は

「結局、スーファミが一番ゲーム性が優れている」という結論に。

電車を降りた後で
「いやさ、急に声ひそめるのもヘンだからそのまんま喋ったけどさ、FFやら三国志の話あたり、聞いてた人いたかもね~?」
「いたいた! 2人は背中向けてたから気づかなかったろうけどさ、横にいたカップルのにいちゃんが、ずっと聞いてた。
 『自分の彼女の話、聞いとけ』って思った」

うるせえ、って睨まれるほどでっかい声じゃなかったから、おにいさんもゲーマーだったのかすら。


京都駅から市バスに乗って南禅寺 順正さんへ。
・・・たまらん、美味かったです。


ゆば会席<卯月後半>

付き出し・刺身
先附 根芋 利休酢掛け 鮑柔か煮 わらび 土筆

前菜 春の月八寸三種盛り

造里 横輪 鯛 烏賊 あしらい一式

汲み上げ湯葉
煮物・湯豆腐・湯葉
湯葉鍋 合せポン酢

焚合せ 博多豆腐 桜麩 筍 蕗

(それと、「湯豆腐会席」頼んだ連れからおすそわけしてもらった湯豆腐)

湯葉あんかけ
焼物 活魚 香り焼き 湯葉餡掛け クコの実

揚げ物
油物 筍 海老挟み揚げ
    筍 帆立挟み揚げ 岩塩

赤だし・筍御飯・香の物
止椀 赤出汁

このあと「水物 旬の美味」として、オレンジとメロン(旬なのか?)と、お米のプリンが出ましたが、いつも以上に写真がボケボケなので載せられません^^;
舞い上がって、カメラ持つ手も震えたのかも。


少し歩いて臨済宗大本山南禅寺へ。
・・・昔、「南禅寺」という地名のつく辺りはすべて、南禅寺さんの敷地だったそうです。
今でも充分広いそのお寺の中で、抹茶もいただいて来ました(まだ食うか!)。

抹茶


その後、哲学の道を若王子橋から銀閣寺まで、咲き残りの桜を堪能しつつ散歩(一般的な順路は南下するものらしいですが、今回は逆行しました)。

八重桜
枝垂れ桜
薄墨桜
白桜
二色桜
※一枚目の八重桜のみ哲学の道ではなく、琵琶湖疏水沿いの仁王門通で撮ったものです。

京都の春は肌寒く、途中、甘酒と芋きんつば(まだ食うのか?!)で暖を取り、京都 散策 食紀行を締めくくったのでした。

 おまけのお土産。
お土産生湯葉は、TVで見て食べたがっていたコドモに。
ゴマ豆腐は、以前食べさせたら喜んでいたアカゴに。
∴桜ご飯は夫へのお土産となりました。




ブロランバナー小
↑翌日、腰痛。翌々日、向こう脛の筋肉痛。
 年齢を痛感するsunnyに「鍛えなおせ!」のクリックぷり~ず! このページのトップへ
結局、見える部分だけをなんとか掃除して、新しい担任の先生をお迎えしました。

10分だけなのに、担任になってから2週間しか経っていないというのに、内容の濃い話の出来る、プロの先生でした。
あれを一日何家庭も巡るのだから、本当に頭下がります。

お見送りの前に

ご存知の通りの子なので、さぞお世話をかけることと思いますが・・・」
(2週間でお里は知れていると承知。)

最敬礼で「よろしくお願い」しました。

慈愛に満ちた微笑がホトケのように思えました。
うん、今年1年、なんとかうまくやって行けそうです。

1、2年の時の先生も若いのにいい先生だったし、コドモは先生運がいいのかな^^
(・・・まさか、問題児とかってマークされていたりして^^;?)


水菜とカニかまぼこのゴマ酢和え
水菜かにかまゴマ酢和え
<材料(4人分)>

水菜(小さめの株)・・・1株
カニかまぼこ・・・45g(パック1/2)
糸こんにゃく・・・適量
 (A)しょうゆ・・・大2
   酢・・・・・・大1・5
   砂糖・・・・・小1/2
   塩・・・・・・・少々
   こしょう・・・少々
   すりゴマ・・・大2


①水菜、糸こんにゃくは食べやすい長さに切り、さっとゆがいてざるにあげ、固く水を絞る。

②カニかまぼこは手でほぐす。

③(A)をボウルに良く混ぜ合わせ、①、②を加えて和える。


適当にカンタンに作ったわりにおいしかったので、作り方を載せてみました。
なにしろ適当に作ったので、分量はかなりいい加減です。特に調味料などは、お好みで増減してください。


ブロランバナー小
↑アカゴは意外に水菜好き。
 「2歳前にしちゃ、変わってるね」とおっしゃる方もそうでないかたも、クリックぷり~ず! このページのトップへ
朝になってアカゴの熱を計ってみると、平熱でした。
機嫌もよく、食欲もあり、これは心配なさそうです^^

みなさまご心配おかけしました。そして、ありがとうございます。
sunny、昨年末の悪夢を思い出して、ちょっと騒ぎすぎましたね^^;
7度ちょっとの微熱でおたおたしちゃって、お恥ずかしい。

朝のうち降っていた雨も止み、日が差して来ましたし


書を捨てよ、町へ出よう。


・・・・・訂正。「書」ではなかった。「PC」とか「DS」とか、その辺あてはめないと。

さて。まずは子供の本の専門店さんに出かけ、ローワンの2冊目を購入。

ローワン2←「リンの谷のローワン」シリーズ2巻目

 「ローワンと黄金の谷の謎」
   エミリー・ロッダ:作/さくまゆみこ:訳
   佐竹美保:絵/あすなろ書房


このシリーズは花まるイチオシです。
既刊5冊は図書館で借りて読み終わっているのですが、どうしても手元に置きたくてほそぼそと買い揃え始めたところ。

気弱で内気で花粉症なニューヒーロー、リンの谷のローワンくんが、本当に可愛いです。
しかも、可愛いだけじゃないんだな。

非力で虚弱な自分にコンプレックスを抱きつつ、いじけず。
主人公な彼に次々と降りかかる難問にも、くじけず。
周囲から英雄として賞賛されながらも、おごらず。

ああ、なんてけなげ。

オーストラリアの作家、エミリー・ロッダ氏は大人向けのミステリを本名(エミリー・ロッダは祖母の名前だそうです)で書いているという人で、そのためか、ラストで生きてくる伏線が緻密で秀逸です。
また、このシリーズに必ず出てくる「詩」の謎解きは、まさにミステリ。
さくまゆみこさんの名訳、そして佐竹美保さんの挿絵の魅力もあいまって、まさに才色兼備の名書
(佐竹美保さんはホントにセンスのあるすごい画家さんです。
この人の絵はもともと大好きなのだけど、「ローワン」5巻の挿絵では、ローワンがちゃんと成長していて大感激だし、上橋菜穂子さんの本に挿絵をつけた時は、二木 真希子さんの画風に近づけて描いてらっしゃいます。プロだ・・・)


本屋さんの後は、さらにチャリを駆ってスーパーへ。
コドモの絵画教室用の画材を買い足していて、6色約500円で買ったパステルが、100均で12色入りのものが売られていることに気付き、軽く眩暈を起こしたりしているうちに、もう昼。

一度家に戻って学校から帰ってきたコドモを拾ってまた同じスーパーへ。
ミスドでドーナツ食わせながら宿題をやらせ、友人親子と待ち合わせて絵画教室へ。

たっぷり遊んだアカゴと、絵の具に塗れたコドモを連れて帰宅すると、またまた6時過ぎ。
やれやれ、なんだかくたびれたなぁ、と買い物やら荷物を片しているとコドモが

「水、でないよー?」

まさか。もう6時過ぎてるんだってば。・・・あれ、ホントに出ない。

工事が延びているんだろうか・・・?
同じマンションの友人にメールすると
「うちはもうとっくに出ているよ、絶対おかしいから管理人さんに電話してごらん」
とわざわざ電話をいただきました。どうもありがとうね^^

結局、工事が終わった後で水道屋さんが水栓を開けた時、うちの水道メーターが留守なのに回り続けているので、どこかの蛇口の閉め忘れと思い、元栓を閉めておいてくれたそうです(これは、後になってトイレタンクの栓がゆるんでいたためと判明)。
その旨を書いたチラシを投函するのをお忘れになったとか^^;

水がやっと出た時にはもう7時。

sunny、夫にメッセージを送ります:

「・・・・・弁当買ってきてください」

なんにもしなかったのに、やたら疲れた一日が終わり、アカゴもコドモも安らかな寝息を立てて・・・^^

「・・・げぼっ。」

・・・百歩譲って、たとえ今の音を聞かなかったことにしても、鼻はこのニオイを嗅がなかったことにできません


ブロランバナー小
↑幸い、被害は掛け布団カバーとアカゴのパジャマに留まりましたが。
 ・・・熱は下がっても、まだ本調子じゃなかったんだろうか。
 あっちこっち連れまわしてゴメンよ~~
 反省してるから懐石食いに行かせて、と口走るsunnyに、天誅のかかと落としクリックぷり~ず! このページのトップへ
昼前まで眠り続け、起きたと思ったら布団にくるまったまま泣いている。
おかしいな、と思って抱き上げてみたら、熱い。

アカゴ、発熱。
(微熱<37.2℃>だけど)

すいません、カンベンしてください。
確かに今週、前半はなぁ~~んにもせずにヒマしていたんですが、後半はほんっと、いろいろあるんです。
とりあえず明日はできれば一日ぶらぶら外で遊んでいたいし(断水)、
金曜日は家庭訪問でしょ。
土曜日なんか、懐石食いにいく(予定な)んですよ!!

生涯2回目の懐石料理、どうかこのsunnyに食わしてやってくださいよ。

・・・しかし。
昨年末の忘年会は入院、この春の送別会はインフルエンザ・・・。
今回も流れたら、私、ちょっとグレさせていただいてもよろしいでしょうか?


さて。
熱は微熱のままだけど、機嫌悪く食欲もいまいちなアカゴ。
かかりつけ医に連れて行こうと思ったけれど、水曜午後は休診。

他の病院にわざわざ連れて行くほどの重症ではないし。
・・・ま、明日まで様子をみます。

まあ、sunnyも予定が狂って困るけど、一番しんどくって可哀想なのはアカゴだよね、ということで、好物を作りました。

アカゴの好物、七目ひじき。
五目ひじき
れんこん、人参、筍、こんにゃく、
干し椎茸、油揚げ、ひじき。

「五目」とか「七目」ってひじきの他に五品か七品?
ひじきも入れて五品か七品?


・・・すいません、正確には違います。
アカゴが好きなのはひじきだけ
皿の中からひじきだけを、ちまちまちまちま拾って食べます。


ブロランバナー小
↑ホントなら、ひじきと人参と油揚げだけのほうがアカゴは喜ぶんだけど
 いろいろ入っている方がsunnyの好み。
 ・・・ていうか、ぶっちゃけひじきってちょっと苦手なsunnyに、お叱りのクリックぷり~ず! このページのトップへ
甘味噌の使い方を教えてくださったみなさま、どうもありがとうございましたm(_ _)m

ほんと、ブログって、ブログ友達ってありがたくも嬉しいものです

焼きおにぎり、味噌マヨ、トーストに塗る、おでん、肉ミソ・・・!

食べたいものばかりで悩みましたが、「肉ミソ」と聞いて
「そういえば小ねぎが一束残ってたっけ」と思い出し、今日ひき肉買って来ました。

うちはおこちゃまがいるので、邪道なことに「辛くない」麻婆豆腐です。


邪道! 辛くない麻婆豆腐
辛くない麻婆豆腐<材料(4人分)>

豆腐・・・・・・・1丁
ひき肉・・・・120g
小ねぎ・・・・・1束
甘味噌・・・・・・・・大2
にんにく・・・・・・1片
スープ・・・・・1カップ
酒・・・・・・・大1
しょうゆ、塩、こしょう
 ・・・・・・・・各少々
片栗粉・・・・・・大1
ごま油・・・・・・適量
※「スープ」は水に中華だしの素やコンソメを溶かしたものでOK。
固形のものを使う際にはあらかじめ良く溶かしておいてください。


①豆腐はキッチンペーパーなどに包んで電子レンジで1分半加熱し、水切りをして2cm角に切る。

②小ねぎはみじん切り、にんにくはすりおろす。

③中華なべか大きめのフライパンに油を熱し、ひき肉を炒める。
 ぱらぱらになったら甘味噌、にんにくを加えてさらに炒める。

④肉と味噌が良く混ざったらスープ、酒、豆腐、ねぎを入れ、弱火でねぎがしんなりするまで煮ます。

⑤しょうゆ、塩、こしょうで調味し、倍量の水で溶いた片栗粉を少しずつ加え、好みの固さのとろみをつけてできあがり。


ホントは木綿豆腐と豚ひき肉で作るものらしいのだけど、なんとなく買ってきた絹ごし豆腐と、安かった合いびき肉で作りました。

絹で作るとやはり豆腐が崩れちゃって見た目が今三つくらいですが、コドモが気に入って良く食べてくれたので救われました^^;

大人の方は、豆板醤やラー油をかけて召し上がれ


ブロランバナー小
↑ところで麻婆豆腐も、豆腐料理か肉料理か悩むところですね。
 陳健一さんは「豆腐料理」だっておっしゃってますが
 陳さんに賛成の方もそうでない方も、クリックぷり~ず! このページのトップへ
「お母さんはまだ食べたらだめ」
「・・・なんで?」
「だって、写真まだ撮ってないやん」
「・・・今日のはもう、載せないでおこうと思ってたんだけど・・・」
「いいやん、載せとけば」

・・・コドモの言葉に甘えて載せます。
炒め物ばかり
盛り付けもテキトー。


気付けば、手前の3品全部、炒め物おかずでした。
こころなしか全部、ぎらぎらしてるような気がします。
普段、炒め物少ない方だと思っていたんだけど。
・・・反動?

じゃこ菜っ葉もね、「炒めた後で水と塩入れて煮立たせる」っていうレシピ通りに作ってみました。
今日のは小松菜だけど、ほうれん草にも向いているかも。


参観、コドモは相変わらずでした。
国語の時間なのに、たて笛が机の上に出しっぱなしなのを始めとして、姿勢は悪いわ、足で机の脚叩いてやかましいわ、アカゴが擦り寄って行ったら、一緒に遊んでいるわ、やっぱり先生の話は半分くらい聞いていないわ・・・。

それでも1年生の頃に比べれば、見違えるほどマシになった、と自分に言い聞かせて耐えた45分間。

ああ、疲れた。

新しい担任の先生はベテランで、しかも穏やかそうな先生でした。
今回は学級委員を決めなくちゃならないので、懇談が30分足らずだったんだけど、質問したお母さんに、さっとノート出して答える姿が好印象でした。

金曜日は家庭訪問なので、そちらもドキドキします。
しかも前日の9時-5時、マンション全体が断水するんで、掃除は当日勝負。
いやん。

毎年、この「断水の日」にはぶらぶら買い物などに出かけてるんですが、家庭訪問の間は短縮授業でコドモ、昼過ぎに帰って来てしまうし。

なにより9時までに洗濯を終えなければならないのって、いつも午前中だら~っとやってるsunnyにはすごいプレッシャー。

・・・ま、なんとかなるでしょう^^;


ブロランバナー小
↑家庭訪問も断水も「なんとかなる・・・・・たぶん」
 自信のないsunnyに激励のクリックぷり~ず! このページのトップへ
餃子の料理とするか、サンチュの料理とするか迷いました。
さらに、餃子は肉料理か、麺料理なのか。
いずれにせよ、手抜き料理には違いないんですが~^^;

うちはらでぃっしゅぼーやという野菜の宅配を頼んでいるのですが、サンチュの食べ方の一例として紹介されていました。

「蒸し餃子にコチュジャンをつけてサンチュで巻いて食べる」

だけの料理(?)です。

作り置きの餃子が3個しかなかったので、冷凍食品の「一口海老餃子」を巻きました。
うちはおこちゃまがいるので、甘味噌で食べましたが悪くなかったです。

蒸し餃子のサンチュ巻き<甘味噌>
赤味噌・・・・・大2くらい
しょうゆ・・・・大1/2くらい
酒・・・・・・・大1くらい
砂糖・・・・・・大1くらい
(好みに合わせて適当に混ぜてください・・・)



明日生協と野菜の宅配が来るので、あまりにお寒い冷蔵庫と野菜室が、少しは充実するでしょう。

だけど冷蔵庫がからっぽだけど明日の晩御飯大丈夫かなとか、明日朝のジュース用のリンゴもニンジンもないとか、そんなことはほとんど気になりません。

明日、コドモの参観&懇談会なのです。

どんな先生なんだろう(今春から移動してきた先生なので、どんな方なのかさっぱりわからない)とか、コドモの良く言えば天真爛漫、悪く言えばいい加減ですぐおだつ性格を受け入れてくれる人だろうか、とか、やはりその辺がとても気になります。

アカゴがいるので学級委員やPTA役員などは免除していただいて、これでも悩みは少ない筈なのですが。

全国の保護者のみなさま、がんばりましょう


ブロランバナー小
↑甘味噌、作りすぎてだいぶん余ってしまったので、再利用法考慮中です。
 ホイコーローに使えるかな?
 ・・・でもキャベツも肉もないsunnyに「なんとかなるさ!」のクリックぷり~ず! このページのトップへ
応援の旗
フォーミュラ・ニッポンの予選やってました。
これはサーキットに入るところで配っていた応援用の旗です。


夫の友人が鈴鹿サーキットのチケットをくださいました。

実はsunny、鈴鹿に行くのは産まれて初めて。
本当は10年以上も前にF1本戦観戦に行く予定を立てていたのですが、
急に仕事を抜けられなくなり、飛行機から宿泊まで全てキャンセルした、苦い記憶があるのです。

まだセナがぴんぴんしていた時代の話です。
sunnyもだいぶん若くて、パトレーゼ(ウィリアムズ・ルノー)のファンでした。
懐かしいなぁ。


天気予報によると天候が怪しいとのことで、コドモは前日からテルテル坊主を製作して備えていたのですが、朝からあいにくと、かなり降っています。

「今回は諦めて、健康ランドにでも行こうよ」

夫の言葉に、コドモは却って喜び(温泉&プール好き)、sunnyはフテ寝を決め込みます。
(だって、コドモより鈴鹿を楽しみにしていたんです・・・

ところが昼前になると雨が小止みになり、「これは行けるんじゃないか?!」と、またもや状況一変。

尻尾振って喜び、荷造りに励むsunny、「健康ランドの方がいい」とゴネるコドモ。

「健康ランドなんか、いつでも行けるじゃん! 鈴鹿なんてめったに行けないんだよ?!」
「お母さんがレースみたいだけやろ!」

拗ねるコドモを(夫が)なだめすかして連れて来ました所、いやもう、家族全員、鈴鹿を満喫してきました(疲れたけど)。

最初に画像UPした旗ですが、これ持ってサーキット場に入るとコドモ、大興奮。正直、車がぐるぐる周回するのを見るだけでは40分もたないだろうと半分諦めていたのですが、爆音にもメゲず、
「ガンバレ19番!」と叫びっぱなし。
もらった旗のチーム(INPUL)の19番(ブノワ・トレルイエ)さんが翌日のポールポジションを取って大喜びでした。
「明日の本戦も応援したい!」と、すっかりご贔屓です。

ここまで応援してもらえると、旗配った甲斐があったんじゃないかな。

遊園地もなかなか楽しく、園内随所に置かれているゴーカートやバイクを見つける度に、コドモもアカゴも「乗る乗る!」と騒ぎ、携帯で写真撮ってご満悦。

(そうです、sunny、カメラを忘れました。
・・・で、携帯で写真をいっぱい撮って来たんですが、家に帰ってみると、携帯用のメモリースティックとそのアダプターがありません。
パソコンに挿してあったのを、どうやらアカゴが持ち去ったらしく、行方不明です
というわけで写真UP出来ずに、とても残念です。見つかったらUPしたいです~~~。)

コドモは「シューティングライド」が暗くて怖かったと半泣きし、「モートピアゴーカート」には3回乗っても飽きない熱の入れよう、アカゴはメリーゴーランドに嵌まり、何回乗っても降りるたびに泣き喚きました。
(そういえばアカゴは先日「円谷ジャングル」の「ジャングルトレイン」に乗せた後も降りたくなくて泣き喚いたっけ。
乗り物好きなのかもしれません。)

全体に年齢制限と身長制限が高めで、コドモには乗れないものが多かったのだけど、それでも充分楽しんできました。

運転手の夫には感謝しています。お疲れ様でした。


ブロランバナー小
↑「面白かった! また行きたいね!」
 うんうん、親はね、子供のそのセリフが聞きたくて頑張るんだよ、とうなずくsunnyに「自分が行きたかっただけじゃないの?」クリックぷり~ず! このページのトップへ
マヨネーズ3種

買っちゃいました。

写真中央の「リケン ノンオイル(マヨネーズタイプ)」。
200g入りで268円(メーカー希望小売価格:税別285円)。
かなりお高めですが、「カロリー1/8」の文字に惹かれました。
卵も使っていないので、卵アレルギーのアカゴから、カロリー控えたい夫までカバーしてくれるいい商品と思ったんですが・・・。

この値段じゃ、次も買うか怪しいですね~。

さらに、夫は食べてみて「味がしな~~い」とこぼしていました。
・・・ふっ・・・・・(買い物失敗?!)。

ついでに写した、左は普段からアカゴ用に使っている「マヨドレ」。
315g入りでだいたい230円くらい・・・かな?
でも、先日これでtaniさんのホットサラダを作ったら、酸味が足りないとかで不評でした。
う~む。

右が家族用に使っている「ピュアセレクトハーフ」。
400g入りで198円。

カロリー気になるならマヨネーズなんか使わなきゃいいんですが、やはりおいしいですよ。
毒ほど美味いっていいますか。


ブロランバナー小
↑たかがマヨネーズ、されどマヨネーズ。
 マヨラーの方もそうでない方も、クリックぷり~ず!
このページのトップへ
記念日メニュー?

冷食のコロッケだけど、粉まぶして揚げただけのタラだけど、このお皿の他は昨日のシチュー(?)をまたリメイクしたエビ入りチャウダーだけだったんだけど、手抜きするつもりじゃなかったんです、時間なかっただけで。


今日、コドモの絵画教室の体験に行ってきました。

古くなったモヘアの黄色い毛糸みたいな長髪のおじさん先生だったけど、優しそうだし、面白そうだし、なによりコドモが体験する前から

「ぜったい通う」

と決心が固かったので、早速来週から、と言うことになりました。

でも今月後2回しかないので、4月分の月謝、半額に負けてくれるそうです。
温情会計(ありがたや~)。


コドモが体験するのを、私もアカゴを押さえながら見学し、帰宅したのが6時。
5分後には夫帰宅(ひゃ~早い!)。

「忘れてるんだろう」 とか言われたけど、ちゃんと覚えていましたよ。
だってこのフジテレビのマークみたいな盛り付けのトマト、初めて買った

フルーツトマト(480円/6個入り)

なんですから。
記念日と思わなければ買いませんから。

で、お味は・・・。
普通のミニトマトでしたね・・・。
期待が大きすぎたので、ややがっかり。
おいしいのはおいしいんですけど、この値段ならまた買おうとは思いません・・・。


え? なんの記念日かって?
うれしはずかし結婚記念日です。
しかも10回目。

でもダイヤも花も要りませんから。

ダイヤよりパワージューサーが欲しいし、花よりホームベーカリーが欲しいです。
置く場所ないけど。


ブロランバナー小
↑コドモが朝起きるなり「おめでとう」と言ったので、心底驚いたsunnyに、お祝いクリックぷり~ず! このページのトップへ
ジョ×ーパスタの「クリームスープスパゲティ」、コドモが好きだったんですけど、メニューが変わったらなくなっちゃったんですよね。

ウェイトレスさんに 「なんで!?」 って訊いてました。
許してあげて。その人がメニュー決めるわけじゃないから。


件のスープスパは、もちょっとキレイでおいしそうだった、ってのは知ってるけど、これでカンベンしてくれる?

スープスパ前日の塩豚の副産物ポトフに具とホワイトソースを足したので、ダシはしっかり出ているはず。
ギリギリまでただのホワイトシチューにしようか迷ったので、具が大きいのはご愛嬌ってことで。



いつもよりゆるく作ったホワイトシチューに茹でたスパゲティー放り込んだだけのものでしたが、コドモ喜んでくれたようです。

う~ん、やはり夫が飲み会の日はパスタが便利ですね。


上の話の続きなんですけど、先月だったか先々月だったか、ひょっとしたらお正月だったか、夫の実家の近くのジョ×ーパスタにみんなで行ったら、スープスパこそないけど、なんだかいつもよりおいしく感じたんですね。

で、お義父さんが
「コックさん替わったの?」って聞いたら

「替わってませんけど、今日の当番の人、ベテランさんですから~^^」

・・・だそうです。

マニュアル通りに作るのであっても、技術やセンスが関わってくるんですね~。
ファストフードでも味が違うって言うものね。

なるほどね・・・・・で、調理担当の人の勤務表、くれますか?
あ、やっぱりダメですか。


ブロランバナー小
↑帰りにこっそり(?)覗いたら、うら若いお姉さんコックさんでした。
 あの若さでベテランなら、駆け出しの人は幾つなんだろ?
 ・・・とそこはかとなく不安になるsunnyに
 「細けェこと気にすンな!」クリックぷり~ず! このページのトップへ
千鳥饅頭

普段、甘いものを食べる習慣がないので、いただいてから数日忘れていたのです。
気付いて開けて見たら、皮がなんとなく乾いて、少し固くなっていたようだったので、
しまった、もうこれは近所にお裾分けすることも、コドモの友達にお出しすることもできない・・・と。

・・・で、20個近く頂いて来たのを、1日2個のノルマを自分に課して、ようやく残り4個になったところでコドモに見つかりました。

「おかあさんだけ、ズルイ」

そうだよねー、そう思うよねー。当然だよねー。
あんたの腹具合を案じてたんだよ、って言い訳、効くわけないよねぇ。

ところであんたさぁ、甘いの苦手じゃなかった?
生クリームとか、チョコレートとか。

・・・でもそういえば、このおまんじゅう、頂いたその場で2個ぺろっと食べてたっけ。
去年の夏は「水まんじゅう」に嵌ってたし。
「わらびもち」大好物だし・・・あんたひょっとして和菓子派?

・・・でも、黒餡嫌いだったね。

とにかく、2人ともお腹も壊さず、おまんじゅうも無駄にせずにすんでよかった。

おいしかったです。


ブロランバナー小
↑結局、賞味期限はいつだったんでしょう?
 ひやひやしながら食べて、ちょっと損した気分のsunnyに
 慰めのクリックぷり~ず! このページのトップへ
アボカドのカルパッチョ
お供えをいただいてきたもののひとつ。

アボカド、自分で料理するのは多分産まれて初めてです。
見た目も味も、なにからなにまで馴染みがなくて、ホントどうしようかと思いました。

困ったときのネット頼みで、こちら(青山JANOJAさん)のレシピを発見。

エクストラバージンオイルがなかったので、やむなくピュアオイルを使いました。しょうゆもいつも使っているものでしたが、問題なかったようです。
わさびの香りがアボカドの油分をさっぱりさせてくれて、しょうゆがアボカドに良くあって、おいしかったです。

・・・で、こちらはアボカド食べた後のお約束。

アボカド種
昨年末お世話になった、幼児用イオン飲料の空き瓶
(授乳用乳首つけられるタイプ)で。
・・・もしかしなくても小さめのアボカドでしたね。
そう言えば、タレがだいぶ余っちゃった。


さあ、いつ芽が出るかな。



余談) 今日のコドモ

sunny 「あのさぁ、悪いんだけど、クリーニング屋行ってくるから留守番してくれるかな? すぐ戻ってくるし」
コドモ 「えぇでー」
「オオカミが来ても開けちゃだめだよー(七匹のこやぎ)」
「ナニ言ってるんや、この世にオオカミなんかおるかい!」
「・・・じゃぁ、(先日TVでイラストを見てコドモが怖がった)チュパカブラが来ても開けちゃだめだよー」
「そんなもん、この地方にはおらへんし」

・・・オオカミとチュパカブラの扱いが真逆かも知れません。
早くシートン買ってやらないと。


ブロランバナー小
↑「特命リサーチ」スペシャルやるということは、復活するんですかね?
イラストは怖がっても、写真見て「なんかカワイイ」と言っていたコドモに、同感してくださる方もそうでない方もクリックぷり~ず! このページのトップへ
昨日今日は名前書き&名札付けばっかりしていました。

おかしいな、去年はもっともっと楽だったのに? と思ってよく考えてみたら、去年はクラス替えがなかったから思いっきり手を抜いたのでした。

1-1→2-1だったから、全部一文字だけぐりっと上から書いちゃったんですね。
今年もまたむりやりぐりぐりっと書いても良かったんだけど、もう3年生なんだから漢字の方がいいかなっとか、上靴入れが小さくなってるから新しいの、とかこちょこちょやってたら、なんだか入学時に次ぐ大ごとになってました。

名札付けなんてアイロン接着タイプの布ラベルに印刷して、アイロンで貼り付けるだけなのに。
どうも要領が悪いようで・・・。

体操着入れ
体操着入れ。
幼稚園から使っているのでだいぶ痛んできていますが
まだ使わせるつもりです。
(かなり恥ずかしい。
 せめて上靴入れをUPすれば良かった・・・)
でも来年は新しくしなきゃかな。


あとはクレパスだの絵の具だの色鉛筆だの、コドモは毎学期、半分くらい折るわ失くすわしてしまうので、それにいちいち名前を書くのが結構面倒くさいです。

こういうの、多分そろそろ自分でやらせなきゃいけないのだと思います。
「コドモにやらせると時間ばっかりかかって読めないし」とか言ってないで。

それと、すごくくだらないことなんですが、雑巾縫いながら悩んでいたんです。

 ┌────┐
 │ \ / │
 │   ×  │
 │ / \ │
 └────┘
 ↑これって一筆書きできませんよね。

なんか妙~に悔しかったので、今学期のコドモの雑巾は2枚とも、一辺足りません。

 ┌────┐
 │ \ / │
 │   ×  │
 │ / \ │
 └      ┘

ブロランバナー小
↑雑巾を一筆書きで縫う方法、知ってる方も知らない方も
 クリックぷり~ず!
  このページのトップへ
山吹

「山吹色の菓子にございます」
って越前屋が言うでしょう?
だから、子供の頃はもっと金色の花を想像していたのだけど、こうして見ると結構な原色の花ですよね。

さらに可憐な花も咲いています。

スノーフレーク
スノーフレーク。

あとはカジイチゴが花盛り、クリスマスローズも咲き残っています。
もうすこししたらスズランも咲くでしょう。

・・・あ、今、「sunnyって意外に園芸するんだ~」とか思いました?
ところがどっこい、しないんです。全然なんです。

5年前、庭付きのこの部屋に越してきた当初は、そりゃあもう、はりきって土いじりしていたんですが、初夏のナメ×ジ大発生と、6月~10月の長期にわたる蚊の大発生(もしかしなくても風通しと水はけが悪い)にすっかりへこたれ、今ではジャングルと化しているんです。
ジャングル化すると、ますますやぶ蚊がひどくなる悪循環。

春の庭
山吹、スノーフレーク、モミジ、
奥にこっそりクリスマスローズ。
折りしも4月8日は花祭り。

・・・モミジって若葉も紅いんですよねぇ。感心。


全部、前に住んでいた方が植えていた木や花なんですけど、ジャングル化しても、本当にみんな健気に咲き続けてくれます。

春をありがとう。


ブロランバナー小
↑もう春来たよ、という方も、まだまだだよ、という方もクリックぷり~ず! このページのトップへ
ポテトチップチョコにひきつづき、帰省中の携帯写真です。

キャベツどっさり
(夫の)実家の玄関にて。

3つしか写っていませんが、軽く5~6個ありました、45ℓの ゴミ ポリ袋いっぱいのキャベツです。

旬なんですね、夫の実家のご近所さんが家庭菜園で作ったものをおすそわけしてくださったそうですが、本当に売るほどのキャベツ。

この後、sunnyの滞在中、別口からさらに2個いただきました。
景気がいいなぁ・・・。

もちろん、お土産にもらって帰ってきました。

一昨日はまるまる1個使ってtaniさんのホットサラダを作り、今日もまるまる1個使ってキャベツのスープを作りました。

キャベツのスープ
コンソメでざく切りキャベツと肉団子を煮て、
塩コショウ、しょうゆ、オイスターソースで味付けすれば
カンタンおいしいキャベツのスープ。
(肉団子には今回タマネギを使用しました)



・・・あれ? もうなくなっちゃったの?
あんなにいっぱいあったのに、2個しかもらってこなかったって? なんでまた?

だってね、4人家族で、そのうち2人は小食なコドモとアカゴでしょう? まさか3日でなくなるとは思ってなかったです・・・。

あほやねぇ・・・・・。


ブロランバナー小
↑ううん、違う。遠慮したんじゃないんです。余らせたら嫌だと思っただけなんです。
 読み違えちゃったsunnyに励ましのクリックぷり~ず!
  このページのトップへ
存在は知っていたんですが、食すのは初めてでした。

義母のお友達が「お孫さんに」ってくださったそうです。
でも、コドモ、チョコレート嫌いなんですよね・・・・・。
なので、sunnyがあらかた食べてしまいました。ごちそうさまでした。

なにをって、ロイズ(ROYCE’)の「ポテトチップチョコレート」です。

ポテチチョコ
(夫の)実家のリビングにて携帯撮影。

薄味のプリングルスにチョコかけた、そのまんまの味でした。

おいしかったんだけど、定番にするにはやや衝撃の強い組み合わせだと思います。
以前食べた「チョコレートコーティンググミキャンディ」よりは大人しいけれど(あれはどこの製品だったのか・・・)。

この会社、直営店情報のブログもあるんだけど、あいの里公園店のページ見たらキレイでおいしそうで、さすがに札幌だよなぁ、おしゃれ~・・・と感心して見入ってしまいました。


ブロランバナー小
↑それとも地元北海道では定番なんでしょうか?
 チョコもポテトも名産品ですよねー。
 本場でおいしいチョコ食べたくなっちゃったsunnyに
 「チョコ、嫌いじゃないけど得意でもないくせに!」のツッコミクリックぷり~ず!
  このページのトップへ
浅漬け
浅漬け2種
<材料>

水・・・・・1カップ
昆布・・・・・5cm角1枚
塩・・・・・・大2
砂糖・・・・・大1弱
昆布茶・・・・小1/2
酢・・・・・・大1
しょうゆ・・・大1/2
材料全てをよく混ぜ、食べやすく切った野菜と共に
ジッパー付き袋に入れて出来るだけ空気を抜き、
冷蔵庫で2時間ほど漬け込むだけ。


きゅうりと菜花の浅漬けです(taniさんのホットサラダも写っています^^)。

きゅうりはドメッチさんに教わった飾り切りを試してみました。

コドモが「おかあさん、こんなん自分でやったん?!」と驚愕していました。
よっぽど飾り気のない奴だと思われているな、と、1mmくらい反省しました。

写真では汁ごと写っていますが、汁は切って盛り付けてください。
結構しょっぱいです。

元のレシピにも「漬け汁を切って盛り付ける」ってあるのに、ちゃんと読んでいませんでした。

有名な村上祥子さんのレシピなんですが、漬け汁を数回再利用できるそうで、さすがです。

きゅうりはコドモが、菜の花はアカゴが気に入ったらしく、ばくばく食べていました。
2人揃ってつまみ系が好きです。


この浅漬けはおじいちゃんに捧げます。
日本酒に良く合うと思うので。

日本酒と、酒席の雰囲気をこよなく愛したにぎやかな人でした。

事業を起こして成功したり失敗したり、また立ち直ったり、シベリアに抑留されたり、ガンを2回克服したり、4人の子供と10人の孫と4人のひ孫をもうけたり、本当にいろいろあった90年の生涯を一昨日閉じました。

今日お通夜で明日お葬式です。

本当はおじいちゃんは100歳まで軽く元気でいてくれると思っていたのだけれど。

冥福を祈って。 このページのトップへ

Information

sunny
  • Author: sunny
  • 夫、コドモ、アカゴ、sunnyの4人家族。

Search

Calendar

03月 « 2006年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

ユニークカウンター

since 05/11/28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

【ぷかレイ戦闘中】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。