sunny's blog

sunnyが読んだ本やマンガの覚書ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
大豆バンザイ

納豆と切り干し大根の和え物
大根葉と油揚げの炒め物
冷奴
茹でとうもろこし
クミコフさんの炊き込みご飯
味噌

大豆製品を赤字にしてみました。
大豆づくしになりそこねちゃった今日のゴハン。
狙ったわけではなく純粋に、「カンタンに作れてコドモとアカゴが喜んで食べるもの」ばかり並べたらこういうことに。

・・・・・うちの子供たち、やっぱりちょっと変わってるかも。

だけど狙い通り、アカゴがまぁ、よく食べた食べた。
毎日納豆にしてやろうかな。楽で安くていいわ。
(でも、実はsunny、納豆あんまり得意じゃありません。

ところで、どうして子供たち向けメニュー(とてもそうは見えない、という突っ込みはなさらないでください)になったかというと、昨日から夫が出張なのです。しかも、帰りが早くて金曜、とのこと。
出張なんてほとんどなくて、あっても1泊ばかりの夫にしたら、充分長期(?)出張なんですね。
なので、昨日からゴハンは手ぇ抜いています。
(「手ぇ抜くのはいつもでは?」とか言っちゃいやん。)

やはりよく食べる大人が一人いないと、作り甲斐が激減していけません。


ブロランバナー小
↑夏休みの昼ごはん&夫の出張で、手抜きメニューの引き出しがからっぽになってしまったsunnyに、愛のアドバイス&クリックぷり~ず! このページのトップへ
寺村本2冊右 「おしゃべりなたまごやき」
(絵:長新太/福音館書店)

左 「こまったさんのオムレツ」
(絵:岡本颯子/あかね書房)


「おしゃべりなたまごやき」という絵本があって、sunnyは子供の頃この本が大好きで何度も読み返しました。
作者は寺村輝夫さんといって、「ぼくはおうさま」に始まる王様シリーズで有名な方です。(「おしゃべりなたまごやき」もその中のひとつ。)
またこの方は、お話の中で簡単なレシピや料理のコツが紹介されている「おはなし りょうり きょうしつ」というシリーズも書いています。

コドモはこちらのシリーズが大好き。特に一番最初に読んだ「こまったさんのオムレツ」は大のお気に入りで、
「こまったさんが作った納豆オムレツが食べたい」と言うので作り出して、もう3年は経つでしょうか。
塩で混ぜた納豆を、卵でくるんで焼くだけです。

納豆オムレツ
納豆オムレツ

ところで上のコレですが。
コドモ、最近「ぐちゃぐちゃたまご」(=スクランブルエッグ)作りにちょっと飽きてきたようで、
「今度は自分で納豆オムレツを作りたい!」と言い出しました。

週末2度ほど作り、3回目の今日、初めてきちんとした形のものが焼けました。
「写真撮って~! ブログに載して~!」と、せがむので載せておきます。

「(左手の)くすりゆび、フライパンにさわっちゃってヤケドしながらもがんばった、って書いておいてな。」と言うのでそれも書いておきます。

でもホント、sunnyが焼くのより上手に焼けたかも。


ブロランバナー小
↑「親バカ? やっぱ親バカ?!」とひれ伏すsunnyに
「まだ頭が高い!」クリックぷり~ず!
このページのトップへ
甘味噌の使い方を教えてくださったみなさま、どうもありがとうございましたm(_ _)m

ほんと、ブログって、ブログ友達ってありがたくも嬉しいものです

焼きおにぎり、味噌マヨ、トーストに塗る、おでん、肉ミソ・・・!

食べたいものばかりで悩みましたが、「肉ミソ」と聞いて
「そういえば小ねぎが一束残ってたっけ」と思い出し、今日ひき肉買って来ました。

うちはおこちゃまがいるので、邪道なことに「辛くない」麻婆豆腐です。


邪道! 辛くない麻婆豆腐
辛くない麻婆豆腐<材料(4人分)>

豆腐・・・・・・・1丁
ひき肉・・・・120g
小ねぎ・・・・・1束
甘味噌・・・・・・・・大2
にんにく・・・・・・1片
スープ・・・・・1カップ
酒・・・・・・・大1
しょうゆ、塩、こしょう
 ・・・・・・・・各少々
片栗粉・・・・・・大1
ごま油・・・・・・適量
※「スープ」は水に中華だしの素やコンソメを溶かしたものでOK。
固形のものを使う際にはあらかじめ良く溶かしておいてください。


①豆腐はキッチンペーパーなどに包んで電子レンジで1分半加熱し、水切りをして2cm角に切る。

②小ねぎはみじん切り、にんにくはすりおろす。

③中華なべか大きめのフライパンに油を熱し、ひき肉を炒める。
 ぱらぱらになったら甘味噌、にんにくを加えてさらに炒める。

④肉と味噌が良く混ざったらスープ、酒、豆腐、ねぎを入れ、弱火でねぎがしんなりするまで煮ます。

⑤しょうゆ、塩、こしょうで調味し、倍量の水で溶いた片栗粉を少しずつ加え、好みの固さのとろみをつけてできあがり。


ホントは木綿豆腐と豚ひき肉で作るものらしいのだけど、なんとなく買ってきた絹ごし豆腐と、安かった合いびき肉で作りました。

絹で作るとやはり豆腐が崩れちゃって見た目が今三つくらいですが、コドモが気に入って良く食べてくれたので救われました^^;

大人の方は、豆板醤やラー油をかけて召し上がれ


ブロランバナー小
↑ところで麻婆豆腐も、豆腐料理か肉料理か悩むところですね。
 陳健一さんは「豆腐料理」だっておっしゃってますが
 陳さんに賛成の方もそうでない方も、クリックぷり~ず! このページのトップへ
もう2年も前に義母が高脂血症の予防用レシピとして新聞で紹介されていたレシピをFAXしてくれたものです。夫のために、と送ってくれたものでしたが、納豆フリークのコドモのツボに嵌り、あやつにとってはこのメニュー「ごちそう」らしいです。はい。

「あの、おつけものが入った納豆、また食べたい」
と言われた時は最初、なにがなんだか分かりませんでしたが。
切り干し大根のポリポリ感もお気に入りのようです。

切り干し大根と納豆の和え物
<材料(6人分)>

切り干し大根・・・・・40g
ニラ・・・・・・・・1/3束
ニンジン・・・・・・1/4本
納豆(50g入り)・・・3パック
練りからし・・・・・・・小1
だし汁・・・・・・・・大1+1/2
しょうゆ・・・・・・・大1+1/3

①切り干し大根は軽くもみ洗いして水に10~20分浸し、水気を絞ってざく切りにする。

②ニラは3センチ長さに切り、熱湯で茹でて冷水にとり、水気を絞る。

③ニンジンは3センチ長さの細切りにし、熱湯で茹でて冷水にとり、水気を絞る。

④ボウルに納豆とだし汁、しょうゆ、練りからしを入れて混ぜ合わせ、①②③を加えて軽く和える。

⑤器に盛って出来上がり。

【一口メモ】「納豆の代わりに枝豆や焼いた油揚げを使ってもおいしい。大豆の水煮を使う場合は、少し濃い目の味付けがお勧め」

※市販のめんつゆやだし汁の素を使うと簡単で早いです。材料の「だし汁としょうゆ」をめんつゆorだし汁の素大さじ3に代えるだけ。納豆についてくる「たれ」を使っても

※うちはお子様むけに練りからしを抜いて作ります。するとやや味が薄いのでお好みで塩やしょうゆなど足すとおいしいです。

※今回はニラがなかったのでほうれん草で代用しました。 このページのトップへ


豆腐甘酢餡

<材料(4人分)>

豆腐(絹・木綿お好みで)・・・1丁
玉ねぎ・・・・・・・・・・1/2個弱
人参・・・・・・・・・・・・約40g
ピーマン・・・・・・・・・・1個
もやし・・・・・・・・・・・約40g
ごま油・・・・・・・・・・・適量

(A)だし汁・・・・1Cup
  砂糖・・・・・小さじ4
  酢・・・・・・・大さじ4
  酒・・・・・・・大さじ4
  しょうゆ・・・大さじ2

水溶き片栗粉・・・・大さじ1+1/2

①豆腐はキッチンペーパーに包んで電子レンジで1分半加熱して水切りし、8つに切る。

②玉ねぎ、人参、ピーマンは千切りにする。

③鍋にごま油を熱し、もやし、②を炒める。

④③に(A)を加えて煮る。火が通ったら水溶き片栗粉でとろみをつける。

⑤水切りした①の豆腐を皿に盛り、④をかけてできあがり。

※砂糖の量をかなり少なくしてあるので、とろみをつける前あたりで味を見て加減してください。

※アカゴ向けではないと思い込んでいたのですが、試しに与えてみたら「おいしい」「もっと」とよく食べてくれました。酢を減らしたり、砂糖を増やしたり、野菜をもっと小さく切るなどすれば離乳食としても利用できるでしょう。

※今回木綿豆腐を使ったら、舌触りか何かが気に入らなかったらしく、野菜餡ばかり食べていたので、次回は絹豆腐を使ってやろうと思っています。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

sunny
  • Author: sunny
  • 夫、コドモ、アカゴ、sunnyの4人家族。

Search

Calendar

03月 « 2017年04月 » 05月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

ユニークカウンター

since 05/11/28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

【ぷかレイ戦闘中】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。