sunny's blog

sunnyが読んだ本やマンガの覚書ブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
見せる収納
お気に入りの絵本は、ショップみたいに並べて。


絵本はかなり好きです。
子供が生まれる前から好きだったし、
それどころか独身の頃から集めていたし、
高校生の頃に読んで気に入った絵本を、先日やっとア×ゾンのマーケットプレイスで入手したし。

ちょっと困るのは、自分のお気に入り絵本はコドモはともかく、アカゴには触られるのも嫌、という現実です。

破られると困る本は渡せないし、渡せない絵本ばっかりでホント困るんです。

それと、私が好きな絵本はコドモ受けが悪いですね。
子供向けファンタジーでも、私の好きなものはまだまだ漢字が多すぎて読めないようです。
同じ本を一緒に楽しめるようになるのはいつになるでしょうか。


・・・で、上の絵本の写真なんですけどね、ショップみたいって思っていただけるととても嬉しいんですが。

  ・・・ショップみたい・・・・・?
見せる収納2
でかすぎて邪魔なので全然使っていない
家具調コタツの裏。
転倒防止用ナイロン紐付き。


コドモが最初に「ポケモン絵本」使ってやりだしたんですけど、面白いので真似してみました。


ブロランバナー小
↑でも、読書傾向違うのかもしれない。
誕生日にシートンとファーブルが欲しいんだって。
シートンは私も好きだったけど、ひょっとしてコドモって理数系なの?
「・・・まさか。」という方もそうでない方もクリックぷり~ず! このページのトップへ
指輪物語
コレですね。

「え? コレって言われても。」
「わけわかんないよ。」

・・・と思った方が正しいです。

コレは・・・。
10数年前に夫がフランスの本屋で買ったという、

仏語版の「指輪物語」です。

観察眼の鋭い方はお気づきかもしれませんが、われわれの周囲には本人含め、フランス語を使う人がひとりもいないため、パッケージも開けていません。

・・・せめて原語(英語版)だったらなぁ。

我が家の「積ん読」の象徴です。



和訳「指輪物語」は、sunny、高校生の時読みました。
文庫6冊の大部ですが、4巻目に入った頃

「あれ、もう半分以上読んでしまったのか。もったいない。
 残りの半分はもっとゆっくり読まなくては」

と思ったのを良く覚えています。

永遠に終わらないで欲しい、と本気で願うくらい面白かったんです。

後にも先にもそこまで思わされた物語はありません。
ひょっとしたら生涯最高の読書体験になるのかな。
何度も読み返して、そろそろ2桁回数読んでいると思います。

映画も観ました。
主人公(フロド=イライジャ・ウッド)が可愛かったですね~。
原作ではおっさんなんですが、まあ視覚的なんとやらの関係だったのでは。

・・・もう、とにかく。

読んでない人は、読みましょう!


ブロランバナー小
↑コドモかアカゴが将来、仏語勉強しようとでも思わなければ、
永遠にパッケージに包まれたままでしょう。
この「開かずのセロファン」が破られる日を共に待ち望んで下さる
奇特な方は、クリックぷり~ず! このページのトップへ
「衝撃」と言っても、私にとっての話ですので、興味のない方にはおそらくさっぱり^^;の話題です。ごめんなさい。

「ゲド戦記」というファンタジーをご存知でしょうか。

作者はアーシュラ・K・ル=グウィン。
彼女はSF小説界の女王と呼ばれた女、そして超・著名なフェミニストです。

そう、フェミニスト。お蔭で「ル=グウィンのファンなんです♪」と無邪気に言えず20年弱です。
一度「ル=グウィンが好きなの」と言って「じゃあ、フェミニストなんだ」と返されたのが非常にショック&不愉快だったので。

確かにル=グウィンの著作には、鼻白むほど男性性に対して攻撃的なものがあって「なにもココまで・・・」と女性の私でさえ思うから、男性が読めば嫌な思いをすることもあるかも知れません。その作家の愛読者だなんていう女には厭味の一言も言いたくなるかも。

ファンタジーである「ゲド戦記」にもその思想は色濃く、4巻目は正直ついて行けない、と思ったほどです。

それをスタジオ・ジブリがアニメ化するそうです。

「ゲド戦記」についてと、アニメ化についてはmaman.mさんが分かり易く紹介してくださっています。是非ご覧になってください。

なんだか心臓がドキドキしています。
すごく観たいような観たくないような。

監督は宮崎駿氏の息子さんである宮崎吾朗氏だそうで、これには正直良かったんじゃないか、と思います。

なぜって、私もミーハーですからジブリ作品は好きなんですが(特に「紅の豚」と「千と千尋の神隠し」)、正直言って宮崎駿監督はマザコンだと思っているんで、駿監督が「ゲド戦記」作ったらスピルバーグが「カラーパープル」作った時みたいにどっかでズレて失敗しちゃわない? と心配してしまうからです(スピルバーグ・宮崎駿両監督のファンの方、お気を悪くなさらないでください。私も両監督は大好きなのですが、ヘンな書き方しか出来なくて)。

私にとってル=グウィンは、喉元に嵌った鉛の輪のような存在で、普段は忘れていてもひとたび意識すれば胸苦しいほど心臓が騒ぎます。100%手放しで愛せない、絶大な影響力を持つ専制女帝のような作家。

出会いは高校生の時の「闇の左手」でした。これと「ロカノンの世界」は何度読んでもうるうると・・・。

なんだか心中ひどく複雑で、今夜は寝つきが悪そう。「闇の左手」読み直そうかな~・・・。

は~~~~~~~(なぜか重~~い溜め息)。

ルグィン文庫左:「ロカノンの世界」
カバーイラスト・萩尾望都

右:「辺境の惑星」
カバーイラスト・岡野玲子
ハヤカワ文庫は偉い。少女漫画ファンも大満足。


このページのトップへ
「ワタシは関東で生まれ育ったけど、コドモは一応関西人だから『バカ』じゃなくて『アホ』って言ってやらなくちゃ・・・と思ってはいるのに『アホ』なんていう優しくて柔らかい言い方じゃ言い尽くせないほどうちの子は馬鹿だ」

とぼやいたら、関西育ちの友人は

「私も叱り付ける時は『おバカ!』だなぁ」と言いました。

はっとしました。

そうそう、松本修著:「全国アホバカ分布考~はるかなる言葉の旅路~」に、ちゃんと書いてあったではありませんか。「バカモン」「バカタレ」は立派な関西弁である、と。
友人はきっとお育ちが良いために「お」をつけ、接頭辞をつけたためにバランスの関係で「モン」「タレ」が落ちたのでしょう。

この本、書かれるきっかけがTV番組「探偵!ナイトスクープ」だったり、著者がその番組のプロデューサーだったり、そもそも題名が題名なのでフマジメな本だと思われる向きもあるかもしれませんが、私は読んでみて著者の真摯な研究態度と探求への情熱に頭の下がる思いがしました。しかもド素人にも判りやすく面白く書かれているため、ひきこまれて時間を忘れて読みふけってしまいました。方言(学)についての極めて優れた啓蒙書と呼べるでしょう。

あほばか

関西に住む関東人、関東に住む関西人、方言にコンプレックスを持つ全ての方・・・・いえいえ、読んでないという方全てに花マル付きおススメの本です。
このページのトップへ
酒は嗜む程度、煙草もやめたし、博打は興味なし。いたって真面目で無趣味なSunnyです。
(・・・あれ? あちこちから「嘘つけ~!」って突込みが・・・)

趣味と言うか、子供の頃から本や漫画が大好きで、いい年した大人になった今でも良く読んでいるのですが、ここ数年読み漁っているのが「児童書」。それもファンタジーもの。

ひらたく言うと、ここんとこ流行っているハリポタ系列です。

本は買うと案外高いし置く場所もないので、専ら図書館を利用しています。それも、本館に行くとバス代も時間もかかるので、移動図書館派。

先日もその移動図書館にアカゴの手を引いて出かけ、乗り込んだ途端です。司書さんが・・・

「Sunnyさん、おすすめの本があるんだけど」

はい? なんですか?

「このシリーズ、めっちゃお勧めですよ。Sunnyさん、いっつもNの棚の借りていかはるでしょ。これ、好きそうやなぁって噂してたんですよ」

えええええ?! ワタシの借りる本、チェックされてたんスか?!

図書館では単行本サイズの翻訳小説に「N」のラベル(子供向けは赤ラベル、大人向けは青ラベル)をつけて分類されているそうで、言われてみれば、Sunnyがいつも重点的にチェックする棚には「N」の赤ラベルがずらり。

その時薦めていただいたシリーズというのが、上橋菜穂子さんの「守り人」シリーズ。もちろんずぼっと嵌りました。いや、本当に面白い本ですよ~これ。
私も読んで以来、いろんな方に薦めています。

この作者さんの本は「F」に分類されていて、これは「(単行本サイズの)日本の小説」がFラベルなんだそうです(Fの棚はチェックしてませんでした。母国の文学も大事にせねばね・・・)。

司書さん本当にありがとうございます。本だけでなく、人間に対して愛情を持ってらっしゃる方だなぁと、心から尊敬しています。これからもお願いいたしますね。

しかし、人間の言動というのは、どこで見られているかわからんということをあらためて肝に銘じて、無作法だとか、不誠実な行いは慎もう、と、心に誓うSunnyでありました。

つまり、図書の延滞はもうしません。ごめんなさい
 
Nの棚←NのラベルとFのラベルの本たち
  (ちなみに全部赤ラベル) このページのトップへ

FC2Ad

Information

sunny
  • Author: sunny
  • 夫、コドモ、アカゴ、sunnyの4人家族。

Search

Calendar

06月 « 2017年07月 » 08月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

 

ユニークカウンター

since 05/11/28

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

【ぷかレイ戦闘中】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。